上野・吾妻郡の嬬恋郷から鳥居峠を越えた坂路の麓となる信濃・小県郡真田郷を本領とした人物が武田信玄にとって帷幕の将と言われた真田幸隆で、幸隆の弟・頼綱は真田郷に隣接する矢沢郷の領主の嗣子となったと伝える。

 矢沢郷の領主は諏訪氏の眷族と伝え、幸隆の弟が真田氏と争いの絶えなかった矢沢氏の嗣子となったことで両家の諍いは鎮まったという。

 小県郡から東山道を進み和田峠を越えた麓となる諏訪大社秋宮の神職を世襲した族は金刺氏であり、小県郡手塚郷を領した光盛は源頼朝から御家人に取り立てられた金刺盛澄の弟として、小県郡下を流れる千曲川畔から和田峠へ向かう途次となる依田荘を領した実信の居城で1180年の源氏旗揚げに応じた源義仲の郎党であったが、義仲を筑摩郡の木曽谷で扶育した中原兼遠もまた金刺姓を伝え、遠江・引佐郡下の浜名湖の近傍には金指の字名を見受け、今の皇室の始祖となる継体天皇の子らで現代に皇統を伝えた欽明天皇の皇居であった磯城島金刺宮の号を想起させる。

 源義仲を木曽谷で扶育した中原兼遠の姓は平安期から江戸期に亘って朝廷の少納言局を支配した地下官人家の中原氏を想起させ、朝廷の吏僚であった中原氏とヤマト王権時代に岐れたとする古文献を伝えた有道氏は藤原道隆・伊周(これちか)父子の家令を務めた惟広・惟能(これよし)父子の後裔が摂関政治の全盛を見た11世紀から院政期の12世紀に亘って上野南西部から武蔵北部・中央部に繁衍し、上野・多胡郡奥平郷を領した武家の後裔で現代に矢沢姓を称える家を多くし、武田信玄に箕輪城を落とされた長野業正(なりまさ)の臣・上泉信綱は今の前橋市に在ったと伝え、江戸中期に成った『関八州古戦録』は上泉信綱の本姓を金刺とする。

 武田勝頼が自刃した甲斐・都留郡下の天目山麓はまた15世紀初め関東管領を務めた上杉氏憲と姻戚関係に在った武田信満が鎌倉公方の足利持氏と対立した上杉氏憲に与し滅ぼされた十賊(とくさ)山麓と同じ地と思われ、武田信満の子・信長は足利持氏の子・成氏より上総守護代に補された。

 織田信長の将・滝川一益が愈々甲斐に侵入するや、武田勝頼は小山田信茂の領する都留郡下の岩殿城へ退こうと図ったが信茂の謀叛で自刃し、真田昌幸の子・信繁の訓音は小山田信茂の諱の訓音と等しく、信繁の姉は小山田茂誠(しげまさ)に稼いでいた。

 上総守護代に補された武田信長の曽孫となる者に信勝と称えた武将が在ったが、南房総市三芳村山名に在る智蔵寺が伝える明治末年に書写された『当山暦住年譜簿』は寺の開基を武田信勝とし、この信勝を武田勝頼の子と注記している。

 智蔵寺の在る地を山名とする点は上総に武田氏が入った同じ15世紀に安房へ入ったとされる里見氏とともに、鎌倉初期を生きた山名氏祖・義範や里見氏祖・義俊ら兄弟がそれぞれ上野・多胡郡山名郷、碓氷郡里見郷を本領としたと伝えることを連想させ、武田氏の臣であった真田昌幸の官途は安房守であった。

 真田昌幸の叔父・頼綱が嗣子となった武家と等しく後裔を多く矢沢姓とする奥平氏の本領は山名氏祖の本領が在った上野・多胡郡に在り、奥平氏は朝廷の地下官人家であった中原氏と遠祖と等しくするという有道氏を出自とし、里見氏祖の本領が在った碓氷郡もまた有道氏を出自とした領主が拡がった地であった。

 鶴見川の源流となる東京都町田市小山田を領した平安末期の領主・有重は一般に秩父平氏を出自とするとされるが、奥平氏を派した行重は藤原伊周の家令を務めた有道惟能の曽孫とされ、行重は秩父郡を治めた平重綱の妹を母とすることから母方伯父となる重綱の猶子となったと伝え、10世紀末武蔵・秩父郡と隣接する児玉郡に下った有道惟能の後裔は秩父平氏と親昵な関係に在ったことを考え併せると小山田氏祖・有重が有道氏と強い繋がりが有ったように憶測され、小山田信茂と共謀して武田勝頼を滅ぼしたように考えられる真田昌幸は勝頼の子・信勝を朝廷より自身が授かった官途の地である安房に遺したかも知れない。




【著者の辞】
 出稿のご依頼は上記フォームからどうぞ