清少納言が仕えた一条天皇皇后・定子の父・藤原道隆の家令であった有道惟広の後裔とする児玉党の武士として庄家長は『平家物語』が一ノ合戦で東大寺大仏殿に火を放った平重衡を生け捕ったとされ、鎌倉幕府より備中・小田郡下の草壁荘の地頭職を得たが、北条早雲こと伊勢宗瑞が細川京兆家の内衆であった庄元資の家臣から借金している処から、庄家長の後裔が管領・細川氏を守護とする備中の守護代を務めており、後月郡下の荏原荘に所領を確保していたという伊勢宗瑞は児玉党有道氏を出自とするものと推測され、荏原荘下には那須氏もまた在って、那須郡司を世襲した武家は古く丈部(はせつかべ)を称していたことが識られ、有道氏もまた旧称を丈部とし、那須氏は有道惟広の曽孫となる経行とともに武蔵・児玉郡下に河内荘を開いた源義家の孫・経国に娘を稼していることからも、伊勢宗瑞が児玉党有道氏を出自としたことを補強する。

 この庄家長は小野姓横山党の猶子となったものと推測され、武蔵・幡羅郡中条保の領主・家長を小野姓横山党の武士と伝えながら、中条保の領主にはまた有道姓の領主が在ったと伝えることを理由とする。

 庄家長の弟・弘季が領した児玉郡牧西郷は源経国が開いた河内荘を流れる小山川を下った先に在り、牧西弘季の子・義季は源経国の養父であった源義国の子・義重の猶子となって児玉郡が臨む利根川を下り、伯父・家長が領した中条保の在る幡羅郡を過ごして、上野・新田郡下の利根川畔となる得川郷を領したものと推測され、得川有親・松平親氏父子が有道経行の後裔として上野・多胡郡奥平郷を領した定家とともに信濃を経て三河へ転じた理由は、有道経行の娘を迎えた源経国の孫こそ源義経であり、義経の郎党であった鈴木重家である藤白鈴木家の流れを汲む鈴木信重の婿となった者が松平親氏であって、徳川家康の高祖父がまた鈴木重勝の娘を母としていたことから概ね推測される。

 三河・賀茂郡下の高橋荘はまた庄家長から転じた筈の中条家長が地頭職を得た地であり、賀茂郡の藤白鈴木家は中条氏の配下であった。

 児玉党の所伝では庄家長の弟として久下塚弘定が在ったとし、その子・弘親は利根川を下った先となる埼玉郡久下郷を領したとする。

 旧利根川となる中川と近くする久下郷から元荒川を遡った大里郡久下郷の領主が熊谷直実の伯父・直光であり、北条得宗被官であった南条時光が日蓮の高弟を招いて建てた日蓮正宗大石寺の伝える文書は熊谷直実と北条時政を従兄弟の続柄に在ったものとする。

 源義経の母・常盤御前は有道惟広が家令を務めた藤原道隆の後裔となる一条長成に再稼し能成を生んだが、能成の諱から連想させる者が頼朝の寵臣であった大友能直の実父・近藤能成であり、近藤能成が領した相模・愛甲郡古庄郷を含んだ毛利荘はまた源義家の子・義隆が領した地であったと伝える。

 源義隆の子・義広が毛利荘を継承したとされ、義広の弟として久下権守直光・若槻伊豆守頼隆を伝え、毛利荘を領した源義広の弟・久下直光が北条時政と従兄弟の続柄に在ったという熊谷直実の伯父と同一人であったならば、熊谷直実は若槻頼隆の子であったこととなり、頼隆は信濃・水内郡下の若槻荘を領したとされ、『吾妻鏡』は北条時政によって謀殺された比企能員の与党として中野能成が拘禁されたとし、中野能成は幕府宿老らによって親裁を停止された源頼家の側近であったが、北条時政の邸で比企能員が殺害された時、中野四郎なる者が時政から呼びつけられており、中野能成が領した地は信濃・水内郡志久見郷であった。

 熊谷直実の父が若槻頼隆であったならば、北条時政の父は久下直光であったこととなり、確かに『吾妻鏡』は熊谷直実と領地を争った久下直光を勝訴させている。

 北条時政は比企能員を殺害した後に大江広元をも呼びつけているが、この広元が愛甲郡下の毛利荘を得ており、同荘が含んだ古庄郷を領した近藤能成の実子である大友能直を扶育した者は中原親能と伝え、大江広元は晩年に至って初めて大江姓を称え、生涯の多くは中原姓を称えており、児玉党の遠祖とする有道惟広が家令を務めた藤原道隆の娘・定子に仕えた清少納言が属した筈の少納言局は地下官人と呼ばれた中原氏が差配し、『醫道系図』は有道氏と中原氏を祖を等しくするものとしている。

 後裔を豊後の大名とする大友能直の実父・近藤能成は源頼家の側近であり『吾妻鏡』が頼家の岳父である比企能員に与したとする中野能成と同一人であって、近藤能成・中野能成ともに源義経の母・常盤御前が一条長成との間に儲けた一条能成と同一人であったと推測され、源義経とともに京を出奔した一条能成は有道惟広が家令を務めた藤原道隆の後裔であった。

 頼朝の父・義朝が死んだ後、平清盛の妾となったとする談を見る常盤御前は実に有道惟広の曽孫となる経行の娘を迎えた源経国の孫・義経を経国の子・盛経との間に生したものと推測され、盛経はまた平清盛の祐筆であったとする説を見る。


【著者の辞】
 出稿のご依頼は izumo_tribe@yahoo.co.jp まで