厚木市上古沢に在る三島神社の境内には長州藩主であった毛利氏の家祖という毛利季光の居館址とする碑を見るが、近郷一帯となる相模・愛甲郡古庄郷の領主であった人物が近藤能成と伝え、能成の実子が足柄郡大友郷を領地とした源頼朝の寵臣・大友能直であった。

 大友能直の実父・能成を愛甲郡に拡がっていた小野姓横山党の領主とする説が一般的だが、横山党の惣領が武蔵・多摩郡下の船木田新荘の領主であり、武蔵・那珂郡猪俣郷の領主を惣領とした猪俣党が横山党から岐れた族と伝えることから、平安後期2百年の間に他の族と較べ遥かに後発ながら武蔵北部の児玉郡から武蔵中部の入間郡・比企郡へと急速に拡がった児玉党の版図に喰い込むように横山党から岐れた猪俣党が進出していることからも、利根川に臨む幡羅郡中条保を領した中条家長を横山党と伝えるのは同じ中条保の領主として児玉党に属した領主を併せ伝える点、児玉党から猶子を迎えることによって横山党の子弟がまた武蔵北部に進出し得たものと推量され、横山党の惣領であった時広の猶子となった者が時広の嫡子として北条義時に滅ぼされた時兼の弟とされる平子広長であったろうと思われ、平子広長は児玉郡四方田郷を本領とした弘長と同じ人物で、また中条家長は弘長の兄・家長と同一人であったと思われる。

 而して、相模・愛甲郡古庄郷を領した大友能直の実父・能成もまた児玉党の眷属関係から相模に入部した領主と推測され、児玉党が有道姓を伝える処から有道惟広が家令として仕えた藤原道隆の流れを汲む一条長成の継室となった常盤御前が生んだ一条能成が源義経とともに京を出奔していることから、この一条能成こそ大友能直の実父・近藤能成と同一人であったと推測される。

 源義経の母は一条能成と等しく常盤御前であり、義経は頼朝の父・義朝の子とされるが、清少納言が仕えた一条天皇皇后・定子の父・藤原道隆の家令であった有道惟広の曽孫となる有道経行は武蔵・児玉郡阿久原郷に在った勅旨営牧を拠点に源義家の孫として平正盛の娘を母とした源経国に娘を稼し、源経国は児玉郡阿久原郷に隣接する地に河内荘を開き、経国の子・盛経が領した児玉郡稲沢郷に稲聚神社を看る処から、義経の郎党・鈴木重家の生家である紀伊・名草郡藤白郷を本拠とした水軍の将・藤白鈴木家より岐れた江梨鈴木家が伊豆半島の稲取岬一帯を拠点としたことを反映したものと見受け、盛経の後裔とする武家が紀伊・日高郡下の野長瀬荘を拠点とし、武蔵坊弁慶が日高郡に出生したとする伝承を遺すことからも、源義経の実父は盛経であったと考えられる。

 所伝に拠れば、有道氏の遠祖とする大ミブの兄・大水口スクネの後裔が穂積姓を伝える藤白鈴木家であり、大友能直の実父・能成は源義経にとって異父弟となる者であった。

 源義経や一条能成らの母となる常盤御前は晩年を武蔵・多摩郡成木郷の山間に過ごしたと伝え、成木郷の領主を私市党に属した武家と伝える処は北条時政と従兄弟の続柄に在ったという熊谷直実がまた私市党に属した武家であったとされ、『吾妻鏡』にて頼朝の前で熊谷直実と領地を争った直実の伯父・直光が領した大里郡久下郷から元荒川を下ると、埼玉郡久下郷の領主・弘親を児玉党に属した武家と伝え、久下郷の近傍には私市党の本拠地を見て、児玉党に属した久下弘親もまた児玉党から私市党との眷属関係から埼玉郡に送られた者と推測し、下野・安蘇郡下の唐沢山に城を構えたと伝える藤原秀郷の高祖父・魚名の母を片野朝臣と伝える処から、有道氏の遠祖とする大ミブの兄・多弁スクネや大水口スクネの後裔に交野氏を伝え、大阪府交野市私市が交野氏の本拠であったと思われ、埼玉郡久下郷を領した弘親の父・弘定を横山党の中条家長の前身・庄家長や平子広長の前身・四方田弘長らと兄弟であったとする処からも、常盤御前が晩年を過ごした多摩郡成木郷の領主は児玉党の流れを汲む領主であったと思われ、熊谷直実や北条時政らもまた児玉党を出自とした武家であった筈と考えられる。

 大友能直の実父であった一条能成と同じく駿河郡下の大岡牧を平頼盛の代官として預かった牧宗親もまた有道惟広が仕えた藤原道隆の流れを汲み、宗親の姉・池禅尼が平頼盛の母であった。

 牧宗親の妹を晩年の愛妾とした北条時政が伊豆に入った理由を推測させる。


【著者より】
 出稿のご依頼は izumo_tribe@yahoo.co.jp まで