徳川家康の側近であった天海に追贈された諡号はは天台僧として慈眼大師であったが、『東叡山開山慈眼大師縁起』は天海の出自を16世紀初頭に没した陸奥・会津郡下の黒川城(若松城)を本拠とした芦名盛高の一族とし、別説では芦名盛高の孫となる盛氏に招かれた後に上野・新田郡下の新田荘を治めた族の惣領と伝える得川義季が碓氷郡中宿郷に蓮華寺を開いた栄西の法弟を北条義時が後鳥羽上皇の発した征討軍と戦った年に招いて新田郡世良田郷に開かせた長楽寺に移り、天海の行跡が以後史上に瞭らかとなる川越・喜多院の住持となったとする。

 何れにしても天海の前半生は陸奥・関東に縁をもちながら、徳川家康の幕下に参じたということである。

 陸奥・会津郡下に本拠を構えた芦名氏は少なくも佐原義連の子・盛連から派したとする点で諸説は一致し、鎌倉幕府創業の功臣と謳われた三浦義明の子である佐原義連は『義経記』に源義経の郎党として上野・碓氷郡板鼻郷に邸址を伝える伊勢義盛の父を"伊勢のかんらいの義連"と叙べられる処から伊勢・度会郡に拠点を得たものと思われる。

 『平家物語』にて一ノ谷合戦に臨み真っ先に鵯越を敢行する佐原義連の子・盛連を介した孫となる新宮時連もまた紀伊半島に拠点を有していた筈で、時連をまた横須賀時連と記す文献の在ることから、新宮時連は三浦氏の惣領が本拠とした相模・三浦郡下にて現在米海軍基地が在る東京湾へ向かって突き出た楠ヶ浦半島一帯をも拠点としたようで、時連の兄・盛時は北条時頼の被官として侍所所司を務め、やはり時連の兄とする光盛の娘と時連の子・泰盛は婚じている。  北条時宗・室の兄・安達泰盛の子・盛宗は弘安の役に臨んで肥後守護代を任じ、『蒙古襲来絵詞』にて安達泰盛に謁見する竹崎季長らを督励しているが、芦名氏所伝の系図もまた佐原義連の曾孫を泰盛とし、義連の玄孫となる泰盛の子を盛宗として、細川重男さんに拠ると安達泰盛を討った平頼綱をさらに討った長崎円喜が生涯にて最も長く用いた実名(諱)は盛宗であったという。

 竹崎季長が在地した肥後・宇城郡松橋郷に隣接する宇土郡不知火郷小字長崎の地から西へ向かってく伸びた宇土半島のから島原半島へ渡り、隣接する彼杵半島には北条得宗被官であった諏訪氏を連想させる社や長崎氏を連想させる地名を示し、彼杵半島や松浦半島から肥後在地の武士らが肥後守護代を任じた安達盛宗に督励されて弘安の役に奮闘した姿が想い泛ぶ。

 北条時宗の義兄・安達泰盛や内管領・長崎円喜らが芦名氏所伝の系図にて佐原義連の曾孫・玄孫とするならば、『義経記』が伊勢義盛の父と示唆する佐原義連の孫・時連は紀伊半島・熊野新宮一帯と併せ相模・三浦郡横須賀郷に拠点を構え、『吾妻鏡』にて三浦氏の惣領・泰村を宝治合戦にて滅ぼす安達義景に該る者と推測される。

 『鏡』にて安達義景となる新宮or横須賀時連の兄・盛時を北条義時の被官であった平盛綱の子であり内管領・平頼綱の父とする史家を多くするが、時連の兄であり盛時の兄ともなる光盛の血脈が織田信長が生きた時代を生きた芦名盛氏に至るとする芦名氏の所伝は少なくも光盛が芦名氏の血脈上の祖であることを伝えたものであるに過ぎない。

 三浦郡芦名郷は新宮時連が三浦郡下に確保した横須賀郷に較べ大船を着けるには狭隘な海岸しか見られず、さりとて農地に適した平地を展げた地でもなく、芦名郷を本貫とした光盛を三浦氏の血脈と看ること自体に疑問をもつ。

 史上初の外寇となる刀伊の入寇を退け武名を揚げた藤原隆家は藤原道長の長兄として一条天皇皇后・定子の父である中関白・道隆の子であり、藤原隆家より6世となる池禅尼の生んだ平頼盛は子・光盛とともに朝廷を代表して源実朝の右大臣拝賀式が鎌倉・鶴ヶ岡で挙行されると関東に下っている。

 芦名氏所伝の系図にて芦名光盛と横須賀時連との間に位置付けられる盛時は平盛綱の子であり平頼綱の父であったとするより、平光盛の弟として北条時頼の時代に侍所所司を務めたものと憶測される。

 陸奥・会津郡下に北条時頼の時代から織田信長の生きた時代まで存続する芦名氏は藤原隆家の後裔であり、芦名氏所伝の系図は歴代人物の生没年など武家としては異例の精細な記録を止め、為に芦名氏本流以外の眷属に係る記録の方が寧ろ貴重なものと言える。

 栃木県から宮城県に到る奥州路は見事に山塊を切り開き南北に伸びて天が拵えた陸路を成し、その途次となる安達郡の西方に見る猪苗代湖のさらに西に位置する河沼郡下に在った蜷川荘の地頭職を佐原義連の孫・景義とする古文書を遺し、芦名氏所伝の系図では佐原義連の孫には景義の名を見出せないが、『吾妻鏡』は伊豆に在った頃から源頼朝に近侍していたという安達盛長の孫を義景とし、泰盛の父としていて、源義経の郎党であった伊勢義盛は九条兼実の『玉葉』に1185年主家が陸奥へ向かった後に単身で伊勢・伊賀両国守護であった山内首藤経俊を襲い、翌年幕府に捕縛され処刑されたと記され、三河・額田郡下の滝山寺に弟と甥を在籍させた伊勢俊経は同寺の縁起に拠ると1238年に死没したとされる。

 平俊継ー宗継ー伊勢貞継と系譜を伝える室町幕府政所執事を世襲した武家の最も古い人物となる平俊継が三河・額田郡の滝山寺縁起の伝える伊勢俊経の子であったならば、『義経記』が示唆するように佐原義連の子を伊勢義盛とし、芦名氏所伝の系図にて佐原義連の子とする盛連を『吾妻鏡』が安達盛長とする者と考えるならば、伊勢義盛は頼朝に近侍した安達盛長こと佐原盛連の弟として義経に仕えたものと思われ、霜月騒動まで三河守護を任じた安達氏が実に佐原義連の流れとなり、室町幕府を事実上支配した伊勢氏の源流を成して、伊勢氏の下で政所代を世襲した蜷川氏もまた同じく佐原義連の流れであったとするならば得心する処となる。

 源義経に仕えた伊勢義盛が佐原義連の子であったならば、なぜ上野・碓氷郡板鼻郷に邸址を伝えるかは興味深く、それはまた北条義時の被官であった平盛綱や安達泰盛こと佐原泰盛を滅ぼした平頼綱らの出自に関する探求とも関連し、平盛綱の諱は佐原義連と同じく『平家物語』にてスター級の配役を当てられている佐々木盛綱の諱と等しく、茲に佐原義連の父として鎌倉幕府創業の功臣と謳われた三浦義明の出自に係る考察を要求される。

 『平家物語』にて源氏累代の家人たる余が今再た源氏の御曹司の決起に相見えるとは恰好の冥途への土産と大見得を切った三浦義明が自爆を遂げた衣笠城址を間近くする神奈川県横須賀市の満昌寺は義明の墓所と伝え、満昌寺はまた鎌倉景政を平公雅の後裔とする古文書を伝えている。

 詰まり、鎌倉景政は一般に平忠光なる者を祖とする三浦氏とは別系とし、平将門の従兄であった平公雅の外孫となる有道惟能なる朝廷の吏僚は父・惟広が中関白・道隆の家令を務め、自身は芦名光盛の父・頼盛の母を6世孫とする藤原隆家の兄であった伊周の家令を務め、主家である伊周が伊周の叔父となる藤原道長が左大臣に就く996年に大宰府へ左遷される2ヶ月前に家令を辞して武蔵・児玉郡下に在った勅旨営牧の別当として野に下っている。

 三浦氏の祖とする平忠光は秩父平氏や千葉氏の祖とする平忠頼の弟とし、忠頼と忠光の偏諱を併せるならば頼光となって、碓井貞光を郎党として朝家に武名を揚げた源頼光を暗示し、平忠光の子・三浦忠通や『今昔物語集』に顕れる源頼光の郎党・平貞道らの諱が何れも碓井貞光の諱の訓音と酷似し、到底虚構の人名としか思えない。

 源頼義に義家の母となる娘を稼し、鎌倉の邸をも寄贈したという平直方は平公雅の流れとする文書を遺す鎌倉景政と眷属関係になくして公雅の従兄・貞盛の卑属とする。

 これもまた莫迦ばかしくて真剣に考証する甲斐が無く、平公雅の外孫となる有道惟能の従兄として伝える有道定直を以て平直方の正体と憶測し、この平直方こと有道定直こそ在京する摂関家の家人でありながら鎌倉の邸を源頼義に寄贈し、源義家を外孫とした人物とするならば、上野・武蔵に繁衍した有道惟能の後裔らと相模の大身として繁衍した三浦氏の源流が摂関家に近しい人物の家宰を務めた吏僚の流れであったことを理解し、爾後の史実を系統的に解釈させる合理性を与えてくれる。

 藤原道長の甥として道長が左大臣に就いた年に大宰府へ左遷された藤原伊周の家宰を務めた有道惟能の孫・経行は祖父・惟能が別当を務めた武蔵・児玉郡下の勅旨営牧を本拠に源義家の孫として平正盛の娘を母とする源経国に娘を稼し、経国は有道経行の本拠と隣接する地に河内荘を開いている。

 源経国の子・盛経は平清盛の祐筆を務めたとの伝承を見せ、盛経の後裔を唱えた武家が紀伊・日高郡下の野長瀬荘を治めており、武蔵坊弁慶を日高郡の生まれとする伝承がまた見える。

 有道経行の娘を迎えた源経国の子・盛経のさらに子となる者こそ源義経であったと憶測するならば、有道経行が本拠とした勅旨営牧の臨む神流川を武蔵・上野両国界とし、有道経行の本拠を間近くする上野・碓氷郡下に義経の郎党であった伊勢義盛が邸を構えた動機を得心させる。

 源義経の郎党であった伊勢義盛が佐原義連の子として有道定直の後裔となるならば、有道惟能の後裔とする盛綱は兄弟らと異にして児玉郡下の何れの地を所職としたかを伝えず、主家であった源義朝が平治の乱で敗れるや関東へ逃げた佐々木盛綱はまた北条義時の被官であった平盛綱と同じ者であったかも知れず、その正体は有道惟能の後裔とする盛綱であったかも知れない。

 有道惟能の後裔とする盛綱の弟・高綱は佐々木盛綱の弟・高綱と諱を等しくしながら児玉郡四方田郷を所職としたと伝え、鎌倉期から戦国期に至るまで北上川支流として近傍となる小田郡涌谷郷から金の採掘を見た江合川流域の肥沃な平野部に四方田氏が蟠踞し、本能寺を囲んだ明智光秀の家中に四方田氏は顕れ、徳川家康の側近であった天台僧の天海が住持を務めた喜多院の在る川越藩の士にもまた四方田姓を見出し、武家政治史上屈指の政治家と評される間部詮房と新井白石を使った第6代将軍・徳川家宣の正室として摂関家の生まれとなる近衛煕子の陪臣には児玉姓を称えた士を見出すが、家宣の死没後に天英院と号された近衛煕子の画策に因り紀伊藩主・吉宗が江戸城に入ったとする説を見る。

 美濃・可児郡下の明智長山城主であった明智氏の娘より織田信長の生母となる土田御前を生した土田秀久は源義仲の郎党であった根井行親の後裔を唱えたが、この根井行親を義仲が以仁王の令旨に応えて決起した依田城を間近くする信濃・小県郡海野郷を本拠とした海野幸親と同一視する史家が在り、また海野幸親の子・幸長を『徒然草』226段が『平家物語』の作者と指摘する信濃前司・行長とする学説を見るが、家康に近侍した天海が川越の喜多院住持となったのは1599年と伝え、天海に先んじた住持は豪海と号したといい、織田信長の生きた時代を生きた芦名盛氏の黒川城下や得川義季が碓氷郡下の蓮華寺を開いた栄西の法弟を招いて開かせた上野・新田郡下の長楽寺に在ったとする天海の享年を百歳を越えるものと伝える処は失笑を禁じ得ない。

 天海の生涯に係る前半生の伝を天海に先んじて喜多院住持を務めた豪海の伝を後世に付会したものとするならば、天海の後半生を実現する前身は従来の伝と異にするものとなる。

 陸奥の江合川流域一帯を支配した四方田氏は伊達氏の侵攻を撃退する威力を揮っているが、四方田氏が伊達氏を挟む為に芦名氏との好誼を求めたことは在ったように思われ、四方田氏の源流を成す高綱の甥として義季の名を伝え、それが武蔵・児玉郡の臨む利根川を下った畔となる上野・新田郡得川郷を所職とした義季と同じ者であったとするならば、陸奥に在った四方田氏の一人が織田信長の母方祖父との因縁を頼りに西へ上り、武蔵・児玉郡と上野・新田郡との間で利根川に臨む幡羅郡下に在った長井荘を治めて頼朝の庶兄に襲撃された領主の遺児たる幼い源義仲を信濃の木曽へ連れ立った斉藤実盛の後裔を唱えた斉藤利三を股肱の臣とした明智光秀に翻身したと想像すると小説のプロットとして面白くなる。

 斉藤利三の母は遠江・佐野郡石谷郷に在地した武家に再稼して生した娘を長宗我部元親の正室としたが、佐野郡石谷郷に隣接する地の領家であった山科家の代官・西郷氏は藤原隆家の後裔とされ、織田信長から丹波を預かった明智光秀の将として斉藤利三が接収した氷上郡下の黒井城を本拠とした赤井氏は氷上盆地を流れる加古川畔の芦田郷に在地した武家より派したとされ、本拠・黒井城を斉藤利三に接収された赤井忠家は遠縁を頼ったとする信濃・小県郡下の芦田城主の許に在った時、石田三成に仕えた旧臣からの書状を家康に差し出して関ヶ原合戦後に大和・十市郡下に所領を与えられ、赤井忠家の従弟として家康に近侍した山口直友を作家の池波正太郎は小説『黒幕』に描いている。

 丹波・氷上郡芦田郷に隣接する佐治郷を本拠とした武家は北条時政の娘・阿波局を生した女の父・足立遠元の後裔だったが、阿波局が源義経と父母を等しくするという阿野全成と婚じて生した堀籠(ほりごめ)隆元を北条義時の下命で殺した金窪行親の所職であった筈の武蔵・加美郡金窪郷に隣接して堀込郷が見られ、今は帯刀の地名となっている点は阿野全成・源義経の真の曾祖父となる源義忠が帯刀長に任官したことを因とするか、全成・義経らの真の祖父となる源経国に娘を稼した有道経行の孫・行時が在地した上野・多胡郡下に居館を構えた源義仲の父がまた帯刀長に任官しており、義仲の郎党であった根井行親を海野幸親と同一視する史家を見ながら、根井行親はまた北条義時の被官として源義経の甥に該る堀籠隆元を殺害した金窪行親に転身していた為と憶測される。

 武蔵・加美郡金窪郷に隣接する地として他に勅使河原郷を所職とした親弘の父・基直は三浦氏の真の祖となる有道定直の後裔として定直の従弟・惟能の後裔が拡がった児玉郡真下郷に迎えられたものと推測され、有道経行の孫・行時の名が顕れる『愚管抄』巻第六にて行時が比企能員の他に児玉党の武士にも娘を稼していたとする処から、『武蔵七党系図』児玉党条の写本に依って基直を基行と記すものの在ることを併せ、有道定直>三浦氏系を出自としながら有道惟能>児玉党系の娘を迎えた真下基直or基行の孫こそ金窪行親であって、その前身は源義仲が治承の源氏旗揚げで決起した信濃・佐久郡下の依田城を間近くする小県郡海野郷を拠点とした海野幸親であり、海野幸親と金窪行親との間に義仲の郎党を務めた頃を根井行親と演じ、この幸親or行親の子・行長が『平家物語』を成した。

 美濃・可児郡下の明智長山城主の配下として源義仲の郎党であった根井行親の後裔を唱えた土田秀久の娘を母とした織田信長の妹・犬は尾張・知多郡下の大野城主・佐治信方に稼しており、この佐治氏は戦国期に知多郡を席巻し、圧された永井直勝の一族は有道惟能の母方祖父となる平公雅の子として源頼信らとともに藤原道長に仕えた平致頼の後裔となり、知多郡下で内海荘を治めた長田忠致は致頼の後裔として頼朝の父を殺害し、忠致の後裔となる永井直勝は家康の麾下に加わった。

 因みに、家康の母・於大の方が再稼した知多郡の阿古居城主・久松氏は有道惟能の岳父となる菅原薫宣の後裔であって、大和・添上郡柳生郷に在地した武家もまた菅原薫宣の後裔とし、斉藤利三の娘である春日局を乳母とした徳川家光に仕えた柳生宗矩の岳父となる遠江・引佐郡の頭蛇寺城主・松下之綱に若き豊臣秀吉が仕えたとする伝説を聞く。

 四方田一族や赤井一族を率いて明智光秀が本能寺を囲むと、斉藤道三が若い頃に在籍したという信長の嫡子・信忠の泊まった妙覚寺を伊勢貞興が囲み、四国征討を命ぜられた丹羽長秀は住吉に大軍を駐留させたまま美濃・斉藤氏の旧臣らと岸和田で遊興に耽じ、家康はさらに南となる堺で僅かな供回りとともにやはり同じ態を成していたという。

 信長の後継を協議した清洲会議で柴田権六による謀殺を察知して丹羽長秀は秀吉の命を救ったとされるが、尾張・春日井郡児玉郷に邸址を示す丹羽長秀の子は天海とともに江戸城の設計に与った豊臣大名たる藤堂高虎の猶子として奈良盆地に脱ける大和路上の伊賀・名張に陣屋を構え、丹羽氏は良峯安世の後裔を唱えたが、良峯安世とは百済永継が藤原冬嗣を生す前に桓武天皇の後宮で生んだ子であり、児玉党を派した有道惟能の遠祖として833年に有道姓を与えられた丈部(はせつかべ)氏道が桓武天皇の子として多治比真宗が生んだ葛原親王の家令を務めたことを示唆するものと思われる。

 本能寺の変を知った秀吉は備中・高松城を攻囲する陣に在ったが、高松城の後詰に来援した毛利勢は秀吉の撤兵を呑み、山陽路を戻る秀吉を山崎合戦場に到着するまでの遥かな路程に追撃しなかったという。

 携帯電話が無く、固定電話も無く、小佐野賢治を社主とした共同通信も無く、児玉誉士夫が買った東スポも無くって、警察電話も無かった時代、データ通信を謳歌するわれわれ世代からすると、毛利勢は近畿の事情によっぽど疎い田舎の人々であった。

 かくして、春日局の父・斉藤利三にとって胤違いとなる妹を正室とした長宗我部元親より家督を継いだ盛親は関ヶ原合戦の当日を戦場の遥か外に軍を差し向け、吉川の殿を一族の長老とした毛利勢は家康本陣の背後となる山上に陣取りながら全く動かず、島津勢は合戦の趨勢を見定めてから堂々と家康本陣の脇を通って国許へ帰ったが、島津氏祖とする惟宗広言の室を島津氏所伝の文書は比企遠宗の娘とし、『武蔵七党系図』児玉党条は有道経行の父・惟行に遠峯の雅号が有ったとして、比企遠宗の子とされる朝宗は伊達氏祖となる朝宗と諱を等しくさせ、『愚管抄』巻第六にて児玉党の武士に娘を稼した行時なる者が比企能員の岳父でもあるとし、有道経行が本拠とした勅旨営牧の別当を初めて務めた者を惟宗允亮が編纂した『政事要略』は惟宗氏であったと記して、有道経行の孫となる行時は上野・多胡郡片山郷を所職としたが、多胡荘の地頭職は惟宗氏であったことを伝える文書を見せ、惟宗氏の本姓は秦氏であるが、信濃に在地した秦能俊が土佐・長岡郡に地頭職を得たことを以て長宗我部氏の興りとする。

 また、毛利氏の祖とする季光は大江広元の子とし、広元を藤原道長・六男という長家の後裔とする光能の子とする伝は『明月記』著者と門地を等しくさせ、北条時政に娘を稼した足立遠元は藤原光能にも娘を稼したとされ、鎌倉幕府創業期に活躍した中原親能や大江広元らを扶育した者を中原広季とする伝は斉藤利三が遠祖とした斉藤実盛が幼い源義仲を預けた木曽の中原兼遠を想起させ、兼遠の子として義仲の郎党であった樋口兼続の後裔を唱えた者が越後・長尾氏の配下として愛のヘルメットで有名になった直江兼続であった。

 有道氏の系譜を記した『醫道系図』なる古書は有道氏と平安期から江戸期に亘って朝廷の少納言局を差配した中原氏とを源流を等しくするものとしている。

 豪海と号した僧を襲って1599年に天海が住持となった喜多院の在る地を治めた川越藩に明智光秀の家中に在った有道惟能の後裔とする四方田氏は取り立てられており、本能寺の変勃発直後に和泉・堺に在った家康は何故か生駒山地麓となる今の大阪府交野市星田に所在した平井清貞なる素封家の邸に立ち寄ったとの伝を見せる。

 明智光秀にとられると思わばわざわざ堺から光秀が事を起こした京都と近くなる地へ赴くか不思議な処だが、光秀が敗死したとされる地と交野市は確かに近く、三浦義明と並んで鎌倉幕府創業の功臣と謳われた千葉常胤が信仰した妙見神社と同じ号の社の在る交野市星田の平井清貞なる人物は如何なる者であったか。

 斉藤利三が遠祖とした斉藤実盛のさらに遠祖となる藤原魚名は桓武天皇の父を即位させることに功を成して左大臣に就いており、魚名の母と伝える片野朝臣とは物部氏の祖とする饒速日命が天降った哮峰の在った地とする交野市と関係する女であったか、魚名に伝わる川辺大臣の渾名が摂津・川辺郡と関係するならば川辺郡平井郷を本拠とした藤原保昌は家康の旗本・永井直勝の遠祖となる平致頼や頼朝の遠祖となる源頼信らとともに藤原道長に仕え、平井郷に隣接する地に源頼信は清和源氏発展の経済的基盤を確かにした多田荘を開いており、その地は江戸幕府が銅山を営んだ地であった。




【著者の辞】
 出稿のご依頼は上記フォームからどうぞ