岸信介 安倍総理の母方祖父である岸信介は男系の血脈からすれば周防・吉敷郡多々良浜に居した帰化人の後裔であるから、総理は在日朝鮮人の組織する団体と懇意であるのか、何れにせよ安倍総理の祖父・岸の父が婿入した佐藤家は長州藩士・佐藤信寛の子を主としたことは間違いなく、山口県令であった時の佐藤信寛は旧萩城下で起きた叛乱で前原一誠や奥平謙輔らを捕縛している。

 会津若松城を攻囲する官軍の陣に在った奥平謙輔は会津藩の少年を助命するが、それが後に日本人初の東京大学物理学担当教官となる山川健次郎であった。

 奥平姓は福沢諭吉翁の主であった豊前・中津藩主や井伊直弼の実父として伊勢・四日市藩主の遠祖に看られるものだが、叛乱に与った奥平謙輔を捕縛した佐藤信寛の主の遠祖となる毛利季光は大江広元の子とされ、『吾妻鏡』は1204年源実朝による執政の初めとして北条時政と大江広元が陪席して安芸・山県郡下の壬生荘の地頭職に係る山形為忠と小代八郎との争いを裁決したと記し、後者の小代八郎は武蔵・入間郡正代郷を本貫とする領主で、小代氏の遠祖となる有道惟広は一条天皇皇后・定子の実父・藤原道隆の家令を務めており、有道惟広の曾孫とする経行の後裔が上野・多胡郡奥平郷を本貫とした武家で、14世紀に三河・設楽郡に転じた奥平氏から徳川家康の長女と婚じた忠明の父・奥平信昌が現れている。

 北条時政と大江広元が陪席し源実朝が裁決した結果は小代八郎の後裔が安芸・山県郡下の壬生荘を治めていることから判断され、この小代氏が治めた壬生荘に隣接して毛利元就が庶家として多治比猿掛城主であった処を惣領家を継承すべく入った吉田郡山城が在った。

 ところで、毛利元就が当初庶家として治めた城の号に看られる冠詞の多治比の辞は興味深く思われ、安芸の山間に地頭職を得た小代氏を派した有道氏の後裔は武蔵・児玉郡下に繁衍し、児玉郡真下郷を本貫とした基直の子・親弘が得た地は児玉郡に隣接する加美郡勅使河原郷であり、同郷に隣接する阿保郷には多治比氏が営んだ丹荘と号した荘園が在った。

 製鉄に従った多治比氏は往古に河内・丹比(たじひ)郡を本拠としたものと思われ、『竹取物語』にてかぐや姫に求婚する貴族の男子は多治比嶋をモデルとしており、嶋の玄孫となる多治比真宗が桓武天皇との間に生した子である葛原親王の孫を『尊卑分脈』は平高望とする。

 奥平氏の遠祖となる有道経行は児玉郡を拠点として隣接する秩父郡を支配した平重綱の妹と婚じ、子・行重を母方伯父となる重綱の猶子としているが、秩父平氏の祖という平忠頼の実名として経明の別諱を伝え、平将門の配下に多治経明の名を『将門記』が記す処から、秩父平氏は秩父郡を間近くする加美郡下で丹荘を営んだ多治比氏を出自とすると思われ、奥平氏を派する有道経行の子・行重が拠点とした上野・多胡郡下には多比良なる字名を今日に遺し、平なる姓は多治比の血が流れることを意味することを示唆し、流れる意に良の字を当てるのは良血が流れるからで、ラと読ませるのは羅列の羅の音を藉りたものと考えられ、この場合の羅は流れる意と解される。

 勤王党に与した奥平氏が足利勢に圧されて上野・多胡郡から三河・設楽郡へ転じた14世紀に成った『尊卑分脈』が平高望の祖父とする葛原親王を生んだ多治比真宗を玄孫とし、『竹取物語』にてかぐや姫に求婚する多治比嶋の弟・三宅麻呂は8世紀初の天武王朝下で銅貨を鋳造する責を負い、往時の朝廷が営んだ銅貨の鋳造施設が在った周防・吉敷郡の地は今日も鋳銭司(じゅせんし)と呼ばれ、催鋳銭司を任じた多治比三宅麻呂は708年に武蔵・秩父郡黒谷郷で自然銅が発見された3年後に秩父郡を間近くして東山道の通う上野の一角に多胡郡が新設されると同郡に建立された石碑に碑文を揮毫しており、多胡郡の号は多治比氏が胡族であったことを示唆する。

 先手旗本四将の一人を大久保忠世とした徳川家康の長女と子・忠明を婚じさせた奥平信昌の遠祖本貫の在る上野に在地した大窪太郎なる者の娘を室に迎えた陸奥・信夫郡司の佐藤基治の子らが継信・忠信兄弟であり、平泉で主とともに玉砕した佐藤兄弟の弟の方を岸信介を曾孫とする佐藤信寛は遠祖と信じた。

 佐藤信寛自身が陣に加わった佐幕派の豊前・小倉藩との戦闘に采配を揮った高杉晋作の師・吉田松蔭に兵学の目録を授けた者がまた佐藤信寛であったが、佐藤忠信の主・源義経を頼朝の父の子とするならば頼朝の父が平治の乱で敗死した年に義経が生まれたような無理を感じさせ、日露戦争における奉天会戦でロシアのシベリア兵団を撤退させた児玉源太郎と遠祖を等しくする有道経行は源義家の孫となる経国が武蔵・児玉郡下に河内荘を開くと娘を稼しており、平正盛の娘を母とした源経国の子・盛経は児玉郡稲沢郷を所領とし、同郷には今も稲聚神社と号する祠を遺し、源義経の郎党として紀伊・海草郡藤白郷を本貫とした鈴木重家の後裔とする江梨鈴木氏は水軍を統べる武家として伊豆半島東岸の稲取岬を拠点とし、有道経行の娘を迎えた源経国の子・盛経は平清盛の祐筆を務めたと伝え、盛経の後裔とする武家が紀伊・日高郡下の野長瀬荘を拠点とし、武蔵坊弁慶を日高郡の生まれとする伝承を見せるなどのことから、源義経の実父は稲沢盛経であり、頼朝の曾祖父・義親の弟・義忠の曾孫となる者が義経であったと思われる。

 頼朝の曾祖父・義親は殺人の罪科で平正盛に討たれており、平正盛の娘と婚じた義忠は頼信ー頼義ー義家と三代続いた河内守を最期に任じた者として河内源氏の惣領となっており、義忠の曾孫となる義経が壇ノ浦より凱旋して後白河法皇より官途を授けられた意味とは義経こそ朝廷にとって武家の棟梁であるとの認識が為されていたことであったと思われる。

 源義経とともに平泉で玉砕した佐藤忠信の後裔であることを信じた佐藤信寛の孫となる女の婿となった者が岸信介の父であり、岸信介の娘を母とする者が安倍総理であるが、何れも女系の血脈でしかない。


【著者より】
 出稿のご依頼は izumo_tribe@yahoo.co.jp まで