愈々、草履取りから天下人に昇り詰めた太閤殿下の出自を問うこととなるが、近世に信長の下足番を務めていた男が尾張の百姓出でありながら武家としては三人目となる太政大臣に就いた後、遂に関白を任じたとする講談は剰り確かな話とは言えない。

 魔王と言われる信長とて朝廷の権威を軽んずることはできなかった時代、まこと秀吉が尾張の百姓の出ながらもって生まれた才覚だけで天下人に成り上がったとする講談は厳しい武家統治の時代に著された話で、後世に伝えられなかった史実は意外な処に在ったかも知れない。

 近世の講談は若き秀吉が遠江・引佐郡下の頭蛇寺城主・松下之綱に仕えたとする。

 家康が今川義元亡き後併呑した遠江は引佐郡下の曳馬城は家康の居城となり浜松城と号を更えたが、曳馬城主・飯尾連龍は松下之綱の主家であり、鎌倉幕府創業期の文官・三善康信の後裔とする。

 松下之綱の娘・おりんが柳生宗矩の正室となっていることからも、真に若き秀吉が松下之綱に仕えたとすれば、秀吉は意外に確かな門地を称えた人物であったかも知れない。

 松下之綱の娘を正室に迎えた柳生宗矩の生家は大和・添上郡柳生郷を本貫とした武家で、柳生郷は伊勢湾岸から奈良盆地に脱ける最短ルート上に位置し、後醍醐天皇が初めて倒幕に決起して立て籠もった笠置山の麓を流れる宇治川のすぐ南に在った。

 柳生氏が祖とする菅原薫宣は天神の曽孫として『更級日記』著者の叔父に該る人物だが、薫宣の父・雅規の仮名たる久松麿を家名として雅規の後裔とする武家が伊勢湾に臨む尾張・知多郡阿久居郷に在った。

 久松氏は徳川家康の生母・お大の方が再稼した武家であり、知多郡下でお大の方の生家である水野氏と争った佐治氏は因幡・八上郡佐治郷を本貫として尾張氏を出自とする武家であった。

 尾張・知多郡と言えば頼朝の父・源義朝が平治の乱で敗れて頼った長田忠致が内海荘を営んだ地であり、長田忠致の遠祖とする平致頼の父・公雅の娘を母とし久松氏が遠祖とする菅原雅規の子・薫宣の娘を室とした有道惟能が徳川氏の源流を成すことは前々回の記事で述べた。

 久松氏の祖となる雅規の子・薫宣をまた祖とする柳生氏に娘を稼した松下之綱に若き秀吉が仕えたならば、あるいは秀吉は歴とした家門を称えた人物であったかも知れない。

 前回の記事で藤原秀郷の流れを汲んだ武家の中で、歌人の西行こと佐藤義清や奥州藤原氏の配下として信夫郡下に本拠を構え、頼朝による奥州征伐で伊達氏の祖となる朝宗に本拠を逐われた佐藤基治そして基治の子として源義経の郎党であった継信・忠信兄弟らについて言及したが、西行法師こと佐藤義清や奥州藤原氏の配下であった佐藤基治や源義経の郎党であった継信・忠信兄弟らと流れを近くした秀郷の後裔として尾藤景綱が在った。

 北条泰時に近侍した尾藤景綱は高祖父・曽祖父が尾張守に補され、祖父・父ともに尾藤を称えたと伝えるが真偽の程は分からない。

 延喜式の定めた大国・上国・中国・小国の等級にて東海道では尾張と並ぶ遠江には鎌倉幕府の中枢に在った人物や北条得宗被官の流れを汲むとした武家を戦国期に多く看るが、例えば佐野郡西郷石谷(いしがい)郷の領主は家祖を二階堂氏とし、明智光秀にとって股肱の臣であった斉藤利三の母はこの石谷氏に再稼して生した娘を土佐の戦国大名・長宗我部元親の正室としており、若き秀吉が仕えたとの伝承を聞かせる松下之綱の主家であった飯尾連龍もまた三善康信の後裔を唱えたといったように、北条泰時に近侍した尾藤景綱の後裔を唱える武家がまた戦国期の遠江に在った。

 尾藤重吉は初め信濃守護・小笠原長時の配下として中野牧に拠っていたと伝え、虞らく中野牧は善光寺平の北東に位置する今の長野県中野市辺りに在ったものかと推測され、尾藤重吉の主家であった小笠原長時が1548年武田信玄に居城・深志城を逐われると、遠江・引佐郡に移徒したと云う。

 北条泰時の被官であった尾藤景綱は嗣子として中野景信と伝える者の子・景氏を猶子とし、『吾妻鏡』は源頼家の岳父である比企能員が北条時政によって謀殺されるや比企氏の与党であった中野能成が1203年9月4日拘禁されたと記すが、信越国境を近くした信濃・水内郡志久見郷の地頭を務めた武家の事績を伝える『市河文書』は『吾妻鏡』が中野能成の拘禁された日と記す同じ日付で北条時政より所領である水内郡志久見郷を安堵されたと示している。

 尾藤重吉が信濃から移徒した頃の遠江は既に今川義元によって併呑されていたが、桶狭間の戦いで今川義元が死没すると尾藤重吉は織田信長の家臣・森長可の配下となった。

 遠江・引佐郡下の頭蛇寺城主・松下之綱に仕えたとの伝承を聞かせる秀吉が確かな史料に初めて姿を現すのは織田信長が美濃の斉藤龍興を稲葉山城から逐う直前であり、尾藤重吉が仕えた織田信長の家臣・森長可は摂関政治の時代に関東の兵らから武家の棟梁と仰がれた源義家の子・義隆の後裔とし、長寿を誇った源義隆は相模・愛甲郡下の毛利荘を領知して、頼朝の父である源義朝に与し平治の乱にまで現れたが、義朝が与して平治の乱を起こした藤原信頼が計った除目に拠るものと思われるが信濃守に補された様子を窺い、平治の乱後に戦没した義隆の遺領は『吾妻鏡』が大官令と記す大江広元の子・毛利季光が継承して、毛利姓は森姓と等しく、義隆の子・頼隆は信濃・水内郡下の若槻荘を領知した。

 因みに相模・愛甲郡下の毛利荘を領知した源義隆が与する頼朝の父と組んだ藤原信頼は前回までの記事で言及した有道惟広・惟能父子が仕えた藤原道隆・伊周父子のそれぞれ子・弟の続柄となる藤原隆家の後裔であり、頼朝の助命を平清盛に嘆願した池禅尼や北条義時によって隠岐へ追却された後鳥羽上皇の母方祖父・藤原信隆もまた隆家の後裔であった。

 信長の家臣・森長可に仕えた尾藤重吉は1570年浅井・朝倉連合軍との戦いで死没したが、重吉の子・知宣は信長より近江の長浜城を与えられた秀吉に仕えたと云う。

 尾藤知宣の弟であった頼忠は父・重吉や兄が織田氏に仕えた後も遠江・引佐郡に残り、武田信玄と通じた。

 仍って、頼忠は娘を真田昌幸に稼し、信繁(幸村)の母としている。

 武田信玄・帷幕の将と云われる真田幸隆の子として昌幸の兄となる信綱・昌輝らが長篠の戦いで戦没すると、昌幸に娘を稼していた頼忠は兄・知宣を頼り、秀吉の実弟である秀長に仕えた。

 而して、秀長が大和百万石の大名に封ぜられると頼忠もまた1万3千石を知行する大身に昇り、真田信繁(幸村)を生んだ娘の妹を石田三成に稼した。

 斯くして、大坂冬・夏の陣で豊臣氏に忠義を尽くしたとされる真田昌幸・信繁(幸村)父子と姻戚関係に在った尾藤知宣・頼忠兄弟が秀吉に仕えた経緯を勘考すると、若き秀吉が柳生宗矩に娘を稼した遠江・引佐郡下の頭蛇寺城主・松下之綱に仕えた後織田信長に仕えたとする経緯が尾藤兄弟の履歴と相似する点から、豊臣秀吉は意外に藤原秀郷流を唱えた武家と眷属関係に在った者かも知れない。

 信長の父・織田信秀、信長の傳役・平手政秀、丹羽長秀、明智光秀、秀吉・・・豊臣秀吉は藤原秀郷の子孫だった・・・!?