織田弾正忠家はその主家であった織田大和守家とは全く系譜を異にした武家であって、実に三浦佐原流となることを前回の記事で述べたが、それでは相模の大身・三浦氏の源流とは如何なるものであったのか?

 摂関政治の時代に名を顕す三浦氏は祖の諱を忠通と伝え、三浦忠通の父を平忠光とする。

 大船駅から藤沢駅へ通う路線バスの途次に二伝寺と号する寺院が在り、平忠光の父・良文の墓碑を見せるが、小田原城を本拠とした戦国大名が相武国境に臨む付城として築いた大船駅北方の玉縄城と稜線を連ねた一角に建つ二伝寺は同時代となる戦国期に建てられたもので、平良文なる者が斯地を領知した証とはならない。

 三浦氏を派したと云う平忠光の兄・忠頼がまた一人の息・将恒を秩父平氏の祖とし、もう一人の息・忠常を三浦義明と並び鎌倉幕府の創業の功臣と謳われた千葉常胤の祖とするとされるが、平忠頼・忠光兄弟それぞれの偏諱である頼と光を併せ頼光とすることから、藤原道長に仕え朝家で武名を揚げた源頼光の諱から派して造出された虚構の名であり、秩父平氏・千葉氏の祖となる平忠頼の正体は『将門記』に顕れる多治経明であったことは当の平忠頼の別諱として今に経明の名を伝えることから間違いなく、平安期に武蔵・加美郡下で丹荘と号した荘園を営んだ多治比氏を出自とした経明の息・忠常の後裔が平将門の領知した下総の猿島・豊田両郡近くに蟠踞した族が千葉氏であり、経明の息・将恒の後裔が武蔵山間の盆地に蟠踞した族が秩父平氏であって、平姓を称したのは将門や将門の叔父であった良文らの尊属となる平高望の祖父と云う葛原親王の生母が多治比真宗であったからで、古代に多治比氏が本拠とした河内・丹比(たじひ)郡の綴りや秩父平氏・重綱の甥となる行重が領知した上野・多胡郡下に多比良の字名を今に遺すことから推して、平姓とは多治比の血が流れることを意味するからだ。

 仍って、三浦氏を派した平忠光なる者の正体は『今昔物語集』に記される源頼光の郎党・平貞道であり、頼光四天王の一人に挙げられる碓井貞光であって、忠光・貞道・貞光の訓は平忠光の子・三浦忠通の諱・忠通の訓と等しく"ただみつ"・"さだみち"・"さだみつ"・"ただみち"と酷似した態を成し、何れも後世に虚構の名を伝えたものと推察し得る。

 それでは、源頼光の郎党であり相模の大身・三浦氏の祖となる者の正体はと言えば、有道定直なる者こそ平忠光であり、碓井貞光であって、また平貞道でもあり、三浦忠通である。

 有道定直なる者の伯父・惟広は藤原道長の長兄として一条天皇皇后・定子の父となる中関白・道隆の家令職を務めた朝廷の吏僚であり、有道定直の従兄となる惟能は藤原道長が左大臣に就いた996年に大宰府へ左遷される中関白・道隆の嫡子・伊周の家令職を務めた吏僚であって、朝廷の中枢に侍た父子の近親となる有道定直こそ相模の大身・三浦氏の祖となる者であった。

 然らば、有道氏とは如何なる氏であるかと問わば、中関白・道隆の家令職を務めた惟広の高祖父となる氏道は朝廷の正史『続日本後紀』に桓武天皇の孫となる仁明天皇が皇位に就いた833年に有道姓を与えられた吏僚であり、平高望の祖父とされる葛原親王の家令職を務め、常陸・筑波郡に蟠踞した丈部(はせつかべ)と号する氏族を出自とした者であった。

 丈部と号した氏族には『将門記』にて源頼朝の遠祖として武蔵に赴き非法を働いた経基王と敵対し平将門の支援を得た武蔵武芝の祖・丈部不破麻呂や下野・那須郡の郡司を世襲して那須大領と伝え江戸幕府の大名となる迄存続した丈部が在り、833年に有道姓を与えられた丈部氏道の眷属が蟠踞した常陸・筑波郡(近世の結城郡)下に看る大宝八幡宮は藤原不比等が律令の編纂を完成させた701年に藤原時忠なる者が建立したと嘯くことから、奈良時代の鎌倉に染屋時忠なる富貴人が在ったとする伝承と併せ、古くから鎌倉の地にも因縁を持った族が平安朝廷の中枢に深く喰い込んだ結果派した族こそ三浦氏であったことが判る。

 三浦氏の祖として源頼光の郎党であった碓井貞光こと有道定直は中関白嫡子に仕えた有道惟能の従弟としてまた源頼光の甥となる八幡太郎義家の母方祖父と伝える平直方でもあり、三浦氏が源義家の後裔を担ぐ所以を解する。

 早くから在野で活動した有道定直に較べ初め朝廷の吏僚として活動した定直の従兄・惟能もまた主家である藤原伊周がその叔父・道長の左大臣就任に因って大宰府行を強いられるや家令職を辞し、武蔵・児玉郡下に在った兵部省の管掌する官営牧場の監督官として関東に下った。

 時は下り、愈々武家が朝家に抜き差しならぬ勢威を揮う時代となるや、有道惟能の孫となる経行は祖父が監督官を務めた武蔵・児玉郡下の官営牧場を拠点としながら、児玉郡に隣接する秩父郡を領知した平重綱の妹から息・行重を生し、行重は母方伯父となる平重綱の猶子となって有道姓から転じて平姓を称え、上野・多胡郡下に領地を得た。

 朝廷の吏僚を務めた従兄・惟能より早く在野で活動していた有道定直は後世に平直方と名を伝えて源義家の母方祖父となり、従兄・惟能の母方祖父として将門の従兄となる平公雅より派した鎌倉景政の卑属らが相模の鎌倉郡から高座郡に亘り拡がっていったのと同じく、卑属らを三浦郡から今の平塚市に該る大住郡に拡げていった。

 朝廷の中枢に侍た後に関東の野へ下った有道惟能の孫・経行は本拠とした児玉郡と隣接する秩父郡を治めた平重綱と同盟を堅くし、源義家の孫となる経国に娘を稼し、経国は岳父・経行が本拠とした地と隣接する児玉郡下の地に河内荘を開いたが、経国の父・義忠は佐竹・武田の祖となる義家の弟・義光によって謀殺され、河内源氏の惣領は経国の従兄となる為義に奪われた。

 従って、従弟・惟能が朝廷の中枢に侍ていた頃から在野で活動していた有道定直の後裔は早くから頼朝の祖父となる為義や頼朝の父・義朝を担ぎ、遅れを取った観を得た有道惟能の後裔は先ず為義の従弟となる経国を迎えた後、有道経行の息・行重の更に息となる行時が領地を得た上野・多胡郡下に頼朝の叔父となる源義賢を迎え、義賢が初めて関東に居した所を多胡館と伝える。

 平治の乱を過ごし平氏政権の全盛を見るや、有道惟能が仕えた藤原伊周の弟・隆家より6世となる池禅尼に平清盛へ助命を嘆願させた頼朝は伊豆に送られ、『愚管抄』が智謀に長けた者と叙べる三浦義村と母方従弟となる北条義時らは平家打倒の時期を窺っていた。

 北条義時の父・時政が伊豆の国衙に出入りするようになったのは有道惟能が仕えた藤原伊周の弟・隆家より6世となる池禅尼の子・平頼盛が領知した駿河郡下の大岡牧を監督した牧宗親との縁に因るもので、牧宗親は池禅尼の兄であり、宗親の娘・牧の方は北条時政晩年の愛妾である。

 そも、北条時政の父は三浦氏を派した有道定直の流れを汲む基直であり、基直は祖・定直の従兄・惟能の孫として経行の兄となる弘行の猶子となって、武蔵・児玉郡真下郷を所領としたが、『愚管抄』巻第六に顕れる"ミセヤノ大夫行時"こと有道経行の孫として上野・多胡郡片山郷を所領とした行時の娘を迎え時政を生した。

 『愚管抄』巻第六が叙べる処は有道経行の兄・弘行の後裔が繁衍した武蔵央部の比企郡に拠点を構え、伊豆に在った頼朝に仕送りを続けた比企尼の夫となる比企朝宗の猶子となった能員に有道経行の孫となる片山行時はまた娘を稼しており、比企能員の娘が生んだ源頼家の嫡子・一幡を殺した北条時政の母方祖父となる片山行時は比企能員の岳父であった。

 『愚管抄』巻第六は比企能員を阿波の生まれとしており、能員が有道惟能の流れを汲む比企朝宗の猶子となった縁はまた、朝廷の吏僚であった有道氏の官舎を左京七条と伝え、阿波に蟠踞した秦氏を出自とする朝廷の吏僚であった惟宗氏は官舎を左京六条としたとする点と併せ、有道惟能が藤原伊周の家令職を辞し関東に下った先となる武蔵・児玉郡下に在った兵部省の管掌する官営牧場を初めて監督した吏僚を惟宗允亮が編んだ『政事要略』にて惟宗氏であったと記すことから、有道氏と朝廷で朋輩であった惟宗氏を派した秦氏の蟠踞した阿波から比企朝宗は猶子を迎えたものと推察される。

 鎌倉幕府の地頭職として有道経行の孫となる行時が所領とした片山郷や行時の後裔が所領とした奥平郷を含む上野・多胡郡下にて多胡荘と号した荘園の地頭職を得た武家の本姓を惟宗と伝える処からも、比企能員が阿波に蟠踞した秦氏を出自としながら有道惟能の流れを汲む比企朝宗の猶子となった因縁を傍証すると思われる。

 片山行時の娘を迎えた真下基直は基行とも諱を伝えることは血脈上は有道定直の流れを汲みながら有道惟能の後裔となる者を岳父とした経緯を表している。

 相模の大身・三浦氏を派した有道定直の流れを汲む真下基直は有道惟能の孫・弘行の猶子となり、やはり有道惟能の孫・経行の更に孫となる片山行時の娘を迎え諱を基行とも後世に伝え、有道弘行の孫として児玉郡塩谷郷を所領とする家遠に娘を稼したと推察される。

 この塩谷家遠こそ『吾妻鏡』にて壇ノ浦で平家を滅ぼし颯爽と京へ凱旋した源義経の抹殺を頼朝から指令された土佐坊昌俊であり、昌俊が下野に在る老母と幼児を案じたと『鏡』が記すのは下野・塩屋郡に土佐坊昌俊こと塩谷家遠が所領を得たことの表れと思われる。

 武蔵・児玉郡下の官営牧場を拠点とした有道経行は娘を源義家の孫となる経国に稼し、有道経行が拠点とした官営牧場と隣接する地に荘園を開いた源経国はまた下野・那須郡に蟠踞した武家からも娘を迎え、下野・那須郡の郡司を世襲した那須大領・丈部と等しく833年に朝廷から有道姓を与えられた者もまた常陸・筑波郡を出身地とする丈部氏道であった。

 武蔵・児玉郡塩谷郷に該る地に今も渋谷昌俊の墓碑と伝えるすっかり風化した墓碑を畑地の中に看せ、武蔵・豊嶋郡下の渋谷荘を営んだ渋谷重国は秩父平氏の流れとするも、有道経行の息・行重が秩父郡を支配した平重綱の猶子となったことを憶い起こすと、渋谷昌俊こと『吾妻鏡』の云う土佐坊昌俊の素姓はまた有道惟能の流れを汲みながら有道定直の流れを汲みつつ惟能の後裔に猶子として送られた真下基直の娘を迎えた塩谷家遠であった可能性を濃厚とする。

 有道経行の娘を迎えた源経国の息を『河源記』は経忠とし、偏諱の忠は経国の父・義忠の偏諱を承けたものと思われ、有道経行の娘を母とする経忠こそ源義経の実父と推察される。

 河内源氏の惣領の地位を経国から奪った為義は粗方在京し、為義が疎んじた義朝とともに伊勢神宮領である相模・高座郡下の大庭御厨を掠略した三浦義明は為義が偏愛する息・義賢を三浦氏の遠祖となる有道定直の従兄・惟能の流れを汲んだ者が領地を持つ上野・多胡郡に迎えるや、近親となる基直を武蔵・児玉郡に繁衍した有道惟能の後裔に猶子として送ったものと思われ、基直の子が有道惟能の主家であった藤原伊周の弟・隆家より6世となる池禅尼が生んだ平頼盛を領主とする駿河郡下の大岡牧の代官を務めた池禅尼の兄・牧宗親との縁を頼り伊豆の国衙に出入りするようになった北条時政であった。

 有道定直の流れを汲む三浦義明としては皇室の祖廟にともに狼藉を働いた源義朝を担ぐだけでは不安が昂り、有道惟能の流れを汲む北関東の同族に近親となる基直を送るも猶不安は収まらず、孫となる義盛を北関東に送り、伊勢義盛は上野・碓氷郡板鼻郷に居館址を伝えている。

 有道経行の娘が生した源経国の息・経忠を実父とする義経の郎党となった伊勢義盛は三浦義明の息である佐原義連の子であり、義盛の弟となる盛連こそ伊豆に在った頼朝の小姓を務めたとされる安達盛長の正体である。

 安達盛長こと佐原盛連は鎌倉幕府の実権を握った安達義景こと新宮時連やその息・泰盛や長崎円喜を派したが、伊勢貞継が初めて室町幕府政所執事となって以往貞継の後裔が政所執事を世襲する武家は安達盛長こと佐原盛連の兄であった伊勢義盛の後裔であった。

 また、伊勢氏の下で政所代を世襲した蜷川氏もまた陸奥・安達郡に隣接する会津郡を挿んで近くする河沼郡下の蜷川荘の地頭職を得た佐原>安達の後裔である。

 応仁の乱の素因を成したと言われる伊勢貞親の被官・蜷川親元の私記は徳川氏の祖となる松平信光を伊勢貞親の被官であったと記し、安達盛長の近親であったと伝える足立遠元の子とも言われ北条時政の被官であった天野遠景の後裔を唱えた近世・尾張藩士の天野信景が編纂した『浪合記』は上野に在った得川有親と息・松平親氏の父子が上野・多胡郡奥平郷を所領とした奥平定家とともに南朝勤王党に与した為、足利勢に圧され信濃・伊那郡浪合郷に逼塞した後、奥平定家は三河・設楽郡へ、得川有親・松平親氏父子は賀茂郡へ転じたとする。

 源義経の実父となる経忠の母方祖父・有道経行の兄・弘行の流れとして『源平盛衰記』に弓の名手として名を顕す庄家長はまた承久の乱後に尾張守護に補され鎌倉幕府で評定衆を務めた中条家長と同じ人物であり、剣術で鳴る中条家長の後裔は松平親氏が入婿したとの伝承を聞かせる鈴木信重を配下とした武家として織田信長に逐われた中条常隆に至るまで長らく三河・賀茂郡下の高橋荘を営んだ。

 徳川家康の高祖父・松平長親の母方祖父を鈴木重勝を伝え、松平親氏の岳父でもあったとの伝承を聞かせる鈴木氏なる武家は紀伊・名草郡藤白郷を本貫とした水軍の将であり、源義経とともに奥州平泉で玉砕した義経の郎党・鈴木重家の生家であって、鈴木家の分流が伊豆半島の稲取岬を拠点として戦国期に小田原城を本拠とした北条氏の配下で水軍の将を務めており、義経の母方祖父となる有道経行が拠点とした武蔵・児玉郡下の官営牧場と義経の祖父となる源経国が荘園を開いた地とを結ぶ山間の路次に稲聚神社と号する祠を今に遺す。

 中条家長=庄家長の後裔はまた備中・後月郡下の荏原荘を営み、同荘にはまた有道経行とともに源経国へ娘を稼した那須大領・丈部の流れを汲む那須氏が領地を保っており、室町幕府における守護を細川氏とした備中の守護代となる迄存続した庄氏において室町幕府の内衆であった庄元資配下の士から借財の在ったことを示す文書を伝えた伊勢宗瑞の父はなるほど政所執事・伊勢貞親の配下であったとは言え、その出自は有道惟能の後裔となる庄氏であった。

 駿河守護・今川義忠の客将として伊勢宗瑞は徳川家康の高祖父となる松平長親が構えた三河・額田郡下の岩津城を囲んでおり、伊豆を実力で切り取った伊勢宗瑞は有道惟能が家令職を務めた藤原伊周の流れを汲む大森藤頼の居城・小田原城を奪った。

 近江・蒲生郡に所領の在った佐々木秀義の息らとされる源平合戦で名高い四兄弟の一人・高綱は実に北条早雲こと伊勢宗瑞の遠祖となる庄家長の弟として武蔵・児玉郡四方田郷を所領とした者であり、高綱の甥となる定綱もまた叔父・高綱と同じ児玉郡四方田郷を所領とし佐々木四兄弟として名を後世に伝え、宇治川の戦いで頼朝より拝領した名馬・生唼を駆って梶原景季と先陣を争った佐々木高綱こと四方田高綱の居館は高綱と祖を等しくして有道惟能の流れを汲む土佐坊昌俊=渋谷昌俊こと塩谷家遠が客分となった渋谷重国の祖父・基家が居城を構えた武蔵・橘樹郡下の小机郷と鶴見川を挿んだ対岸となる烏山郷に在った。

 佐々木高綱こと四方田高綱の甥・定綱の後裔は陸奥・遠田郡下を流れる北上川の支流・江合川流域の肥沃な平野部一帯を領知し、室町幕府奥州探題を任じた足利一門・大崎氏の配下で強勢を誇り、この四方田氏を出自とした者が明智光秀であった。

 本能寺に織田信長を囲んだ明智光秀の陣中に確と四方田氏の名が顕れ、山崎の戦いで横死したとされながら明智光秀は徳川家康の側近として行動する天海に姿を転じ、百歳を越える長寿を顕したとされる天海が住持を務めた無量寿寺喜多院を版図に収めた近世・川越藩の藩士として四方田氏は残る。

 北条早雲こと伊勢宗瑞を派した庄家長と佐々木高綱こと四方田高綱の間に在った兄弟たる者の子として武蔵・児玉郡下に繁衍した有道惟能の後裔らにおいて惣領と目された盛綱の名もまた佐々木四兄弟の一人として後世に伝わり、この佐々木盛綱こと庄盛綱こそ北条泰時の被官として『吾妻鏡』にて泰時の被官らにて唯一人諱を記された平盛綱であって、盛綱の子が北条得宗被官として侍所々司を務めた盛時、盛時の子が有道定直の流れを汲む三浦・佐原=安達泰盛を倒した平頼綱となって、更に平頼綱を討った安達盛宗こそ内管領・長崎円喜であり、長崎円喜の後裔が織田弾正忠家として信長を派した。

 三河・賀茂郡下の高橋荘や備中・後月郡下の荏原荘に後裔を伝えた庄家長と武蔵・児玉郡下に繁衍した有道惟能の後裔らにおいて惣領と目され北条得宗被官として活動した盛綱や陸奥に蟠踞し戦国期に明智光秀を派した四方田高綱らの間に在った兄弟として児玉郡牧西郷を所領とした弘季の息・義季は児玉郡牧西郷を流れる小山川を少し下ると合流する利根川を更に下った先の河畔となる上野・新田郡得川郷を所領とした。

 有道惟能の流れを汲む牧西弘季の息・義季が上野・新田郡得川郷を所領としたのは有道経行の娘を迎えた源経国が父・義忠を大叔父となる義光によって謀殺され叔父・義国に扶育された縁から牧場弘季の息・義季が源義国の息となる新田義重の猶子となった為である。

 この得川義季が後世に徳川氏を派し、徳川氏や明智光秀らは平安後期に北関東で繁衍した有道惟能の流れを汲む者らで、室町幕府政所執事や政所代を世襲した伊勢氏や蜷川氏そして織田信長らはやはり平安後期に南関東で繁衍した有道定直の流れを汲む者らであって、有道惟能の流れを汲む平盛綱ー盛時ー頼綱と有道定直の流れを汲む三浦義村また安達義景ー泰盛ー長崎円喜らが鎌倉幕府の主導権を争って血で血を洗った二大系譜を更迭したものが封建時代後期となる室町・戦国期の歴史であった。