摂関政治とは藤原道長・頼通父子が執政した時代を指しますが、道長四天王と呼ばれた武士が源頼信・平維衡・平致頼・藤原保昌といった者たちでした。
 源頼信は安和の変で暗躍した源満仲の子で、河内源氏の祖として頼朝の遠祖に該る人物です。
 平致頼は承平・天慶の乱で識られる平将門の従兄・公雅の子で、致頼の子孫は愛知県下の知多半島に長く残り、平治の乱で敗れた頼朝の父・義朝を自分の館で殺した長田忠致や戦国時代に長久手合戦で豊臣方の武将・池田恒興を討ち取った徳川方の武将・永井直勝として現れています。
 藤原保昌は摂関家を派した藤原北家の祖となる房前の兄・武智麻呂の四男・巨勢麻呂の子孫で、頼朝の遠祖として河内源氏の祖となる源頼信の父・満仲が荘園を開いた摂津・川辺郡下の多田の地と隣接する平井の地を本拠とし、保昌の弟・保輔は摂津・西成郡を拠点とした強盗団の首領で、入牢するや割腹し、ハラキリの草分けとなっています。
 藤原道長四天王で残る平維衡が伊勢平氏の祖であって、維衡の曽孫となる正盛が平家の祖となり、維衡は一般に同じく道長四天王の一人であった平致頼とは又従兄弟の間柄に在ったとされます。
 平維衡の父・貞盛は平致頼の父・公雅の伯父となる平国香の子とされますが、此処に一つの疑念が湧きます。
 『愚管抄』は平氏と呼ばれる者らが桓武天皇の子孫だと叙べていますが、桓武帝の子・葛原親王が儲けた高棟王に平姓を授けて以後、子孫が公家平氏として明治維新まで続いたことは明らかです。
 然るに、関東に封建領主として繁衍した平氏の祖とする高望の父・高見王なる人物が史上初めて平姓を授かった高棟王の弟として在ったとする記録は14世紀に編纂された『尊卑分脈』と云う公家が作った系図集に初めて現れ、高見王なる人物の事績を伝える平安時代の文献は絶無です。
 『将門記』に現れる平真樹なる常陸・新治郡を拠点とした封建領主は平将門に与する強力な盟友であったように伝えていますが、平高望の卑属として平真樹なる者の存在を確かめ得る文献もまた有りません。
 史上初めて平姓を授けられた高棟王の父・葛原親王の家令を務めた丈部(はせつかべ)氏道を『続日本後紀』は常陸・筑波郡の出身であると記しています。
 平将門が拠点とした下総の猿島郡や豊田郡は常陸・筑波郡に隣接し、将門は源満仲の父となる源経基が武蔵で横暴を極めて憤激した足立郡司・武蔵武芝を支援したと云い、武蔵武芝の遠祖となる丈部不破麻呂が朝廷から武蔵姓を授けられたのは藤原仲麻呂の叛乱鎮定に功績が有ったからと伝え、武蔵武芝の遠祖となる丈部不破麻呂は武蔵一ノ宮である氷川神社の神職でしたが、葛原親王の家令を務めた丈部氏道と同じ称であったことが注目されます。
 奈良時代の叛乱に功績を成した者として丈部なる称の人物を伝える点、聖武天皇の発願で成った東大寺大仏へ鍍金する素材となった金を今の宮城県遠田郡涌谷町で発見した者として丈部大麻呂の名を憶い起こします。
 平将門の伯父・国香は丈部氏道の出身地であった筑波郡の北となる真壁郡を拠点とし、国香の孫とする者が道長四天王と呼ばれた一人となる平維衡でしたが、平高望の父・高見王の実在性が疑わしいようように、『尊卑分脈』が高見王の父とする葛原親王の家令を務めた丈部氏道の卑属が平姓を僭称して藤原道長に仕えたと考えたくなるのです。
 平家の祖・正盛の祖父となる正度(まさのり)の母として平維衡の妻を陸奥国住人長介の娘とする伝えを見ますが、氏素姓を識らせる点で意味の無い者の名を後世に伝えたのは如何なる動機からだったのでしょうか。
 此処でヒントを与えるのは、丈部氏道が桓武天皇の孫となる仁明天皇の即位した833年に朝廷から有道姓を授けられたことを『続日本後紀』が記すことで、朝廷が六国史の一に公家の家柄でもない者の事績を記した意味を考えるならば、749年に陸奥で史上初めてとなる産金を遂げた丈部大麻呂なる者の名を憶い起こすのです。
 丈部氏道の玄孫となる有道惟広は藤原道長の長兄として一条天皇皇后・定子の父となる中関白・道隆の家令を務めたましたが、『愚管抄』は定子が生んだ親王の皇位継承を切望した一条天皇に対して能書家で識られる藤原行成が定子の母・高階貴子は天武天皇の子・高市皇子の血筋であることを理由に猛烈に反対したと叙べ、皇統は道長の娘が生んだ子が伝え、道長が左大臣に就いた996年中関白・道隆の嫡子として道長の甥であった藤原伊周(これちか)は罪を得て大宰府に配流され、中関白・道隆の家令を務めた有道惟広の子・惟能(これよし)はまた伊周の家令を務めていた処を主が配流される直前に職を辞し武蔵・児玉郡下に在った官営牧場の監督官として関東に下ったと云います。
 桓武天皇の親王に仕えた丈部氏道と関係が有りそうな武蔵武芝や平将門と敵対した源経基の子孫が武士の棟梁となったように、10世紀前葉に起きた実力による朝廷への対抗を無益と悟った関東の丈部は11世紀前葉には陸奥での産金を梃子として朝廷の要路に深く喰い込んでいったように憶測され、丈部氏道の玄孫となる有道惟広が仕えた藤原道隆の外孫の即位に反対した藤原行成の日記『権記』は有道惟広の子・惟能が関東に下った2年後に平維衡の名を史上初めて文献に現しています。
 有道惟能の母を平致頼の父・公雅の娘と伝えることからも、伊勢平氏の祖となる平維衡は平将門に討たれた平国香の孫であり平致頼の又従兄であったのではなく、有道惟能が下野した後に平姓を僭称したものではなかったかと憶測するのです。
 藤原伊周が大宰府へ配流される直前に家令職を辞し武蔵・児玉郡下の官営牧場監督官として関東に下った有道惟能の子として惟行の名を伝えますが、その事績を伝える文献は絶無であり、然しながら有道惟能の孫とする経行は後白河天皇の子・二条天皇の母方祖父となる藤原経実の娘を正室とした源経国に娘を継室として稼している点、関東の僻地に在りながら中央に一定の地位を持つ人物の姻族と姻戚関係を持ち得た有道経行の実在性を疑うことはできず、藤原実資の日記『小右記』は平維衡が子・正度の弟となる正輔と争って朝廷から上申するよう命じられたことを記す処から、平維衡こと有道惟能の子・惟行は安房守に補された正輔であったかも知れません。
 平将門が叛乱を演じた時の常陸国長官は藤原惟幾(これちか)でしたが、藤原南家祖・武智麻呂の三男・乙麻呂流となる惟幾の母方祖父を平高望と伝え、この惟幾の子孫が遠江や伊豆に拡がり、北条政子・義時ら姉弟の母方祖父・伊東祐親はその一人です。
 それにしても、平将門と因縁を持った藤原惟幾の名は遠祖を常陸出身とする有道惟能が仕えた藤原伊周の名と訓を等しくしています。
 室町時代に伊豆と接した駿河東部から相模・足柄郡を支配した大森藤頼は北条早雲こと伊勢宗瑞によって小田原城を奪われましたが、この大森氏は藤原伊周の子孫と称していました。