頼朝の祐筆を務めた者として『吾妻鏡』は藤原邦通、藤原俊兼、藤原広綱の名を記し、治承4年の旗揚げにて平家打倒の嚆矢とした山木兼隆への襲撃を前に兼隆の邸の見取り図を作成した者を藤原邦通とする。
 しかし、この名から連想させる者が平清盛に摂関家の家督と財産を分けて相続させる案を入れ知恵したと『愚管抄』巻第五の記す藤原邦綱であり、平清盛の室である時子は葛原親王の子・高棟王の後裔となる女であって清盛の生家となる平氏とは関係無いものと考えるべきだが、時子の妹・滋子が後白河法皇の子として後の高倉天皇を生んでおり、清盛は娘・盛子を摂関家である藤原基実の正室として嫁していた処、基実は若くして没した。
 『愚管抄』が記すのはその時に藤原邦通が清盛に入れ知恵を果たしたことである。藤原邦通は醍醐天皇の母方祖父として藤原冬嗣の六子を介した孫とする高藤の兄・利基の後裔とし、利基の六子とする堤中納言こと兼輔や兼輔の曾孫となる紫式部と同じ流れを汲む者であったが、摂関家・基実の父・忠通の陪臣であったのが邦通であり、その邦通は清盛の娘を室とした基実の子として近衛家の祖となる基通を後見する為に清盛の娘・盛子が摂関家の財産を粗方相続し、基実の弟・基房が摂関家の家督と一部の財産のみを相続させる案を提示したとする。
 清盛の義妹が生んだ高倉天皇に清盛は娘・徳子を送り安徳天皇を生ませたが、高倉の兄・二条天皇の母方祖父である藤原経実は清盛の娘・盛子を室とした摂関家・基実の曾祖父にとって弟となる者で、二条に近侍した経宗は経実の子であって、藤原経実は源義家の孫であり且つ平正盛の外孫となる河内経国に娘を嫁しており、河内経国が河内荘を立券した地と隣接する武蔵・児玉郡阿久原郷に在った勅旨営牧に拠点を構えた有道経行もまた経国に娘を送っていて、有道経行の曾祖父となる惟広は藤原道長の兄として一条天皇皇后の父である中関白・道隆の家令を務めていた。
 基実の父である摂関家・忠通に仕えていた藤原邦綱は平清盛に入れ知恵したのみならず、長女を二条天皇の乳母に、次女を高倉天皇の乳母にして、何れにも足場を確保していた。
 かような藤原邦綱と名をよく似せた藤原邦通が治承4年の旗揚げ直前に山木兼隆邸の見取り図を描いたとする『吾妻鏡』は、邦通が安達盛長の推挽に因り頼朝に仕えた時期を旗揚げ後としている。
 伊豆に配流されていた時代に頼朝の小姓を務めたとされる安達盛長の兄・遠兼の子が北条時政に娘を嫁した足立遠元とするが、伯父・盛長が甥・遠元より若くするという不可解さは拭えない。
 源義仲の養父は中原兼遠とされ、安達盛長の兄であり足立遠元の父とする遠兼の諱を逆転させているが、義仲の郎党・根井行親を信濃・小県郡海野郷を所職とした海野幸親と同一人と考える史家が在り、有道経行が拠点とした上武国境を成す利根川支流の神流川畔から同川を下った少し先となる武蔵・加美郡勅使河原郷を所職とした親弘の父は武蔵・児玉郡真下郷を所職として有道姓を伝える基直の子とし、勅使河原郷に隣接して義仲の郎党であった根井行親と諱を等しくし北条義時の被官として侍所所司を任じた金窪行親の名を想起させる金窪郷が見られる。
 陸奥・安達郡に該る今の福島市は宮城県方面と山形県方面に向かう岐路に位置し、『吾妻鏡』が盛長の曾孫とする安達泰盛は秋田城ノ介を称えていたとされ、安達盛長は平家が滅び全国への守護・地頭の設置を後白河法皇が勅許する前年に上野の奉行人を任じたとし、上野・碓氷郡下には源義経の郎党・伊勢義盛の邸址とする碑を見せ、一ノ谷合戦で鵯越えを進言したとされる者として伊勢義盛とは別に佐原義連とする説を見る。
 鎌倉幕府創業の功臣・三浦義明の子である佐原義連の孫とする景義が陸奥・河沼郡下に在った蜷川荘の地頭職を得ていたとする文書を見せ、『吾妻鏡』は安達盛長の孫を義景とし宝治合戦で三浦泰村を滅ぼすことに努めたとする。
 佐原義連の子は盛連とされ、盛連の子を時連は相模・三浦郡横須賀郷を所職とし、新宮十郎を称えたと伝えるが、三浦郡横須賀郷とは今の米海軍基地の在る東京湾に突き出た小半島の地であるが、農耕に適した地とは言えぬも船を付けるには好適な地であり、佐原義連の孫となる時連を新宮十郎とするのは祖父・義連が守護に補された紀伊半島の新宮に所職を得たことを伝えるものと考えられ、紀伊半島から大規模な水軍を動員した三浦氏庶流となる時連こそ『吾妻鏡』の記す安達義景の正体として三浦氏の惣領であった泰村を滅ぼしたことを示唆するものかと憶測させる。
 時連の兄として三浦郡芦名郷を所職とした光盛の後裔が陸奥・会津郡に蟠踞しており、時連の子を泰盛と伝える点から安達泰盛は実に三浦泰盛として三浦氏惣領であった泰村を滅ぼした三浦氏庶流の時連の子であった可能性を感得する。
 そうして、佐原義連の曾孫となる泰盛の子を盛宗と伝えることは、細川重男氏が『北条氏と鎌倉幕府』で指摘しているように、鎌倉末期の内管領・長崎円喜が生涯において最も長く用いた諱である盛宗と等しくする点は非常に意義深いものを感じる。
 『吾妻鏡』にて頼朝の祐筆として顕れた藤原邦通とcross fadeして登場する藤原俊兼は源義仲の養父や安達盛長の兄であり足立遠元の父と兼の偏諱を通じており、此処で想起させる者が白河法皇の近臣として"夜の関白"の異名を伝える藤原顕隆の孫となる光頼の家司を務めた後に北条時政の推挽に因り鎌倉御家人となり奥州総奉行に補された伊沢家景であって、家景・旧主は醍醐天皇の母方祖父となる藤原高藤の流れを汲み、初の関東申次に補された吉田経房もまた藤原高藤の流れを汲む者であった。
 頼朝の祐筆として『吾妻鏡』に顕れる3人目として藤原広綱は藤原俊兼にやや遅れて登場し、甲斐源氏として後に頼朝に粛清される安田義定の推挽に因り頼朝の祐筆を任じたとされ、伏見冠者の号を伝える。
 伏見冠者とは遠江・佐野郡に在地した領主の眷族であることを指し、遠江・佐野郡の地で想起させることは明智光秀にとって股肱の臣であった斉藤利三の母が遠江・佐野郡に在地した石谷氏に再稼し、春日局の父である斉藤利三の異父、妹となる女が長宗我部元親の正室となっていることである。
 斉藤利三の別の妹は足利義輝に仕えた蜷川親長の室であり、主家が松永久秀の弑逆に遭うと親長は長宗我部元親を頼り、元親百ヶ条を作成した人物と言われ、斉藤利三の系譜を辿るならば
  親頼ー祐具ー利明ー利永ー利藤ー利安ー利賢ー利三
とされ、少なくも鎌倉幕府が滅亡して間もなく後を生きた筈の斉藤親頼は蜷川氏が通した偏諱である親の字を帯びており、この頃から秦姓を唱えた長宗我部氏もまた概ね親の偏諱を通し始め、伝説となる徳川氏の始祖・松平親氏とその父・得川有親もまた似たような趣を見せる。