早川城址 東海道新幹線の新横浜駅から相模川を渡るまでの間で厚木飛行場の南西方向に位置する神奈川県綾瀬市一帯は平安末期に渋谷重国が支配した土地とされる。
 平治の乱では頼朝の父・義朝に与し、頼朝が平家与党の大庭景親と戦った石橋山合戦では景親の陣に加わった渋谷重国は近江・蒲生郡下で佐々木荘を支配し頼朝の父に与した佐々木秀義とその子らを相模の所領に庇護し、治承4年の源氏旗揚げで京・伏見の醍醐寺から脱出した頼朝の異母弟である今若丸をも匿っている。
 渋谷重国が構えたとする早川城の址は海老名市と綾瀬市との境を成す目久尻川の東側の丘上に在るが、物見櫓跡に立つ石碑に城跡の銘を揮毫したのは渋谷重国の後裔を唱えた日本海海戦で名高いアドミラル東郷である。
 渋谷重国の子・光重が宝治合戦にて功を成して得た薩摩郡東郷の所職を次子に与えた後裔がアドミラル東郷とするが、宝治合戦を戦った時頼以前の北条氏が津軽と薩摩という日本の際涯の地に被官を送っていたことを考えると、宝治合戦で族滅の憂き目に遭った三浦氏において不思議にも生き残った芦名氏の祖とされる光盛と渋谷光重がともに光の偏諱を通じている点は気にかかる。
 芦名光盛の後裔が陸奥・会津郡を拠点に後世に存続するが、後鳥羽上皇の母方祖父となる藤原信隆の子・信清の娘を室とした源実朝の右大臣拝賀式が鎌倉・鶴ヶ丘で挙行されると、頼朝の助命を平清盛に嘆願したという池禅尼の子・頼盛と頼盛の子・光盛父子が鎌倉に朝廷の名代として下向するが、頼朝の父が平治の乱で組んだ藤原信頼や平頼盛や源実朝の岳父・藤原信清らは藤原隆家から7世となる者らであり、『愚管抄』巻第三は後鳥羽上皇が藤原隆家の父である中関白・道隆の血筋となることを特筆していることは意義深いものが在る。
 渋谷重国の国の偏諱は新田・足利の祖となる源義国の偏諱と通ずるが、源義国を養父とした河内経国は清盛の祖父とする平正盛の娘を母とし、源義家の嫡子として頼朝の曾祖父となる義親の弟となる義忠の子であったが、後鳥羽上皇の母方祖父となる藤原信隆より7世先となる中関白・道隆の家司を務めた有道惟広の孫とする経行の娘を迎え、有道経行が拠点とした武蔵・児玉郡阿久原郷と隣接する地に河内荘を立券している。
 河内経国の子・盛経は河内荘に隣接する稲沢郷を所職としたが、経国は頼朝の叔父として義仲の父となる義賢が有道経行の孫となる行時が所職とした上野・多胡郡片山郷と隣接する地に館を構えた頃に武蔵から去って京・鞍馬に隠棲し、保元の乱が勃発すると頼朝の父と陣を同じくしたが、経国の子・盛経は平清盛の祐筆を務めたとする伝承を見せる。
 学界が通説とする源義経の享年から逆算して義経の生年は頼朝の父が横死した年となるが、一般に義経と父母を等しくするとされる兄・今若丸を治承4年の源氏旗揚げで匿った者が河内経国の養父・源義国と偏諱を通ずる渋谷重国であった。
早川城址&皇子大社 渋谷重国が構えたとする早川城の南方に葛原という字名を見て葛原親王を祀る社が鎮座するが、河内経国に娘を嫁した有道経行の祖父・惟広は藤原道長の長兄として一条天皇皇后の父となる藤原道隆の家司を務め、有道惟広より5世先となる氏道は葛原親王の家司を務め、833年に有道姓を与えられている。
 平高望は葛原親王の孫とされるが、葛原親王の母は多治比真宗であり、製鉄を生業とした多治比氏は武蔵・加美郡下にて丹荘を営んだが、平安期の秩父郡に蟠踞して平姓を称えた族の祖という忠頼には経明との別諱を伝え、平忠頼の弟・忠光が相模の大身・三浦氏の祖とする伝承からも、忠頼の頼と忠光の光を併せた頼光の名は藤原道長に仕えた源頼光となることから、秩父平氏の祖とは実に『将門記』に顕れる多治経明であろうと思われ、秩父平氏の祖がまず有道経行の拠点であった児玉郡を挿んで秩父郡を間近くする加美郡下にて丹荘を営んだ多治比氏を出自としたことは間違いなく、多治比真宗が生んだ葛原親王の孫とする平高望と同じく多治比氏を出自とした秩父郡の支配者が堂々と平姓を称えた所以を得心させる。
 河内経国が河内荘を立券した地と隣接する有道経行の拠点であった地に見る祠は紅白一対の馬形を祀っているが、朝廷の勅旨営牧の在った地として平将門が奥州藤原氏の祖となる藤原秀郷に討滅される直前に牧の別当を務めていた者が有道経行の祖父が仕えた藤原道隆の母方祖父となる藤原中正の甥であったことを往時の台閣の長であった藤原忠平が私記に止めている。
 有道経行の子・行重は母方伯父として秩父郡を領知する平重綱の猶子となり、行重の子・行時が所職とした上野・多胡郡片山郷に隣接する地に頼朝の叔父・義賢は館を構えた。
 そして、行重と同じく有道経行の子である行高もまた母方伯父・平重綱の猶子となり、上野・甘楽郡小幡郷を所職としたが、有道経行の娘を迎えた河内経国が立券した河内荘を流れる小山川が合流する利根川が南へ転ずる辺りから間近い下野・都賀郡下にて小山荘を所職とした小山氏祖となる政光の祖父を『尊卑分脈』は行高とし、小山政光の父を行政とする処は二階堂行政の名を連想させる。
 有道経行の義兄であった秩父郡司・平重綱の伯父とする基家が渋谷重国の祖父とされ、基家は小机六郎の通称と河崎冠者の号を伝え、後三条天皇の親政期から白河院政期頃に基家は武蔵・橘樹郡下の河崎荘を所職としたとされ、近傍に稲毛神社を見る今の川崎・堀之内に居館を構えたという。
 渋谷重国の祖父・基家の通称・小机六郎から鶴見川畔に拠点を得て、さらに多摩川畔に進出したものと思われるが、有道経行の義兄・秩父重綱の孫・有重は武蔵・多摩郡から都筑郡に跨がる小山田保と多摩郡下の小山田荘をともに領知し、小山田有重の子・重成は渋谷重国の祖父・基家が居館を構えた川崎・堀之内から多摩川を遡った流域を所職としている。
 渋谷重国は小山田有重が領知した地より流れて相武国境を成す境川を下った地を所職としており、秩父郡に発祥した族より岐れたとする小山田氏・稲毛氏・渋谷氏らはともに発展の経緯において連携した行動を執ったものと憶測させる。
 『吾妻鏡』は北条義時の妹を室とした稲毛重成が施主となった相模川架橋の落成式典に臨んだ帰途の落馬事故に因り頼朝が死亡したとするが、鶴見川畔に拠点を得たと思われる渋谷重国の祖父が六郎の通称を伝える点は、有道経行の娘を迎えた河内経国の立券した河内荘を流れる小山川に合流する女堀川を発する児玉郡真下郷を所職とした基直が五大夫の通称を『武蔵七党系図』児玉党条に見せることを想起させ、『七党系図』が有道経行の甥とする真下基直は系図の写本に依って基行とするものを多く見せる処から、『愚管抄』巻第六にて比企能員の岳父として児玉党に属する者にも娘を嫁したと記される"ミセヤノ大夫行時"が有道経行の孫として上野・多胡郡片山郷を所職とした行時を指すとするならば、片山行時は真下基直に娘を嫁したことを伝えたものと解釈され、本稿では割愛するがこの真下基直より派した後裔が北条時政である可能性が在り、有道経行の義兄となる秩父重綱の曾孫となる稲毛重成が北条義時に左袒して頼朝を謀殺した遠大な歴史の暗黒図を感得させる。
<  小山田有重・稲毛重成や河崎基家・渋谷重国らが真実は多治比氏を出自としたと思われる秩父平氏の後裔とするよりも、当人らが有道氏を出自とした族に帰属する者らとして壮大な歴史のプロットに与したことを傍証する痕跡を見出すことができる。
 1189年の奥州征伐後、陸奥・黒川郡下に関東の在地領主らが所職を獲得しているが、今の国道4号線を境に東に児玉を称える領主が、西に渋谷重国の後裔として相模・高座郡福田郷を所職とした領主が所職を得たことを伝え、国道4号線の西側となる今の黒川郡大衡村大瓜小字東沼田に遺構を見せる折口館を構えた福田若狭守広重に宛て室町将軍家より黒川郡の北方に位置する江合川流域を勢力下に置いた足利一門の奥州探題・大崎氏に対し幕府に左袒する伊達氏に服するよう説諭せよと命じた書状を今に遺し、福田広重は渋谷氏の後裔であろうと思われ、因みに故・福田赴夫元総理は生家が児玉党の流れを汲むとの談話を総理在任中に都下の出版社に為しているが、有道経行の後裔とする在地領主らは上野南西部に繁衍したことを伝えるも、『武蔵七党系図』児玉党条に福田姓を見出すことはできず、陸奥・黒川郡に所職を得た渋谷重国の後裔が戦国期に眷属関係を頼んで上野に転じたことは在ったかとは憶測されるが、児玉姓を称えた領主の在った国道4号線の東側となる地に鎮座する延喜式内社・須岐神社に遺る棟札に建久2年銘と児玉重成の名を見せ、『武蔵七党系図』児玉党条に建久年間前後を生きたと推測し得る者として重成の名を見出すこともまたできず、渋谷重国の後裔とともに陸奥・黒川郡下に所職を得た児玉姓の領主とは渋谷重国の眷族であった可能性を感得し、逆に渋谷重国の眷族は秩父平氏との眷属意識を越えて児玉党との同族意識を強くしていたのではないかと憶測させる。
 北条時政の謀計に因り滅ぼされたとする畠山重忠の従弟として頼朝死亡の遠因を成した稲毛重成は秩父重成として生きたのではなく、実に児玉重成として遠祖累代の壮大な歴史的プロットの一役を担うべく激動の時代を生きたのではなかったか。