672年に実力で皇位に就いた天武天皇より発した皇統は天武の子・草壁皇子の子として天武の孫となる文武、文武の子として天武の曾孫となる聖武と諡号に揃って武の字を充て、天武の玄孫となる女帝が退位した後、草壁皇子の弟であった舎人親王の子が即位するも廃立され淡路へ配流された。
 淡路廃帝の後に重祚した天武の玄孫となる女帝が崩御すると、藤原式家の百川や藤原北家の永手らとともに後継の即位に尽力したのは北家祖・房前の五子・魚名であったが、魚名の母は片野朝臣という名のみ伝える素姓を後世に全く伝えない謎の女性でありながら、魚名の後裔は永く繁栄する。
 藤原魚名が推戴した光仁天皇は天智天皇の孫であり、光仁の子となる桓武の3息が輩行即位した中、藤原北家祖の曾孫となる冬嗣が補弼した嵯峨天皇の子・仁明天皇が後世に皇統を伝えることとなる。
 嵯峨天皇の兄・平城上皇の乱に関わった藤原式家祖の曾孫となる仲成や薬子らを以て式家の没落は決定的となるが、天武の血脈から天智の血脈に皇統が復した時の光仁と光仁の曾孫として後世に皇統を伝える仁明はともに諡号に仁の字を充て、それぞれの一字を併せると光明となり、天照大神の孫とする天火明命の号を想起させる。
 皇統を天武の血脈から天智の血脈へ復させた藤原魚名と母を等しくする兄・清河は阿倍仲麻呂とともに唐の玄宗に仕え斯地に客死しているが、玄宗の治世に叛乱を果たした安禄山は今の遼寧省に生まれ、父をサマルカンド生まれのソグド人と伝える。
 タジキスタン共和国ソグド州はアラル海に注ぐシルダリア川が世界の屋根と呼ばれるパミール高原の北、天山山脈の西端に位置するフェルガナ盆地へ分け入る峡谷の手前となる地で、シルダリア川畔でイラン系のサカ族と対峙したアレクサンドロス3世が紀元前4世紀にサカ族への前線基地としてアレクサンドリア・エスハテ(際涯のアレクサンドロスの街)を建設した地であった。
 安禄山の名・禄山とはソグド語で"明るい"意であったとし、アレクサンドロス3世の后・ロクサネもまた今のタジキスタン共和国に生まれた女であったと伝える。
 アレクサンドロス3世が今のタジキスタン共和国に進出した百年後にディオドトスがグレコ・バクトリア王朝を建て、黄河の源流を近くする地に勃興した秦が史上初となる中国亜大陸の統一を成している。
 天智天皇の孫を即位させた藤原魚名の兄・清河に先んじて唐に渡った藤原式家の祖となる宇合が帰国後に房総・常陸へ赴任していることは剰り注意されない。
 天武の曾孫として藤原不比等の娘・宮子の生んだ聖武天皇が東大寺の大仏を建立した時、メッキに使う金の不足を当にタイミング良く充てた陸奥・小田郡涌谷郷での金の発見は房総の官衙に仕えていた記録を遺す丈部(はせつかべ)大麻呂によって果たされ、陸奥守・百済王敬福より朝廷に献納された。
 藤原魚名が即位に努めた光仁の子・桓武天皇が多治比真宗より生した葛原親王の家令を務めた丈部氏道は常陸・筑波郡の生まれで桓武の孫となる仁明天皇が即位した833年に有道姓を与えられており、この有道姓を与えられた氏道の系譜を伝える古書は、氏道の祖父にとって従弟となる者の名を羊とし、この羊が708年に武蔵・秩父郡で銅が発見された3年後に新設された上野・多胡郡に遺る碑に見る新郡の統治を委ねられた羊なる者を指すとするならば、丈部氏道や丈部大麻呂らの眷族とは貴金属の採掘と関わりをもった者らであった可能性を憶測させ、上野・多胡郡に遺る碑に揮毫した人物と推測される多治比三宅麻呂は丈部氏道が仕えた葛原親王の母・真宗より5世先となる多治比嶋の弟であった。
 しかし、気になるのは833年に有道姓を与えられた丈部氏道の親族にて、氏道とともに同じ年に有道姓を与えられた氏道の従弟・継道の父・継守より始まって、氏道の子・孫・曾孫を雄継・氏継・継材と継の偏諱を通していることで、氏道の曾孫となる継材の甥・有道惟広は一条天皇皇后の父として藤原道長の兄となる中関白・道隆の家令を務めている。
 唐から帰国後に常陸に赴任した藤原式家祖・宇合の子である良継の娘が桓武との間に平城・嵯峨を生しており、大和乙継の娘である百済永継を母とした藤原冬嗣が嵯峨に仕え、嵯峨の子・仁明が後世に皇統を伝えることとなる。
 皇親氏族である平姓を与えられた者らとは桓武、仁明そして仁明の子として即位した文徳・光孝両天皇より派した後裔らであった。
 文徳の子が1歳で立太子され9歳で即位した清和天皇であり、藤原冬嗣の子・良房が史上初となる皇族でない摂政を務め、清和の子が享年を80歳とする陽成天皇であり、冬嗣の孫・基経が史上初の関白を務めたが、陽成の在位は僅か8年であった。
 享年を80歳としながら在位を8年のみとした陽成から皇位を継承したのが文徳の弟である光孝天皇であり、即位した時には54歳であった。
 今の皇室の遠祖となる継体天皇が即位してより最初の皇統の変動を見せた天武天皇の即位から、天智天皇の孫の即位による2度目の変動を経て、3度目の変動が朝廷の編纂した六国史の最後となる『日本三代実録』の掉尾を飾る天皇が光孝となり、天武の血脈を天智の血脈に復した光仁と同じく光の字を諡号に充てた光孝の母・沢子は『源氏物語』の桐壺のモデルと考証され、沢子の父・藤原総継は光仁の即位に努めた魚名の子・末成を介した孫であり、光孝が皇位を襲った先帝・陽成の時代に史上初の関白に就いた藤原基経の母方祖父が総継であって、総継もまた継の偏諱を帯びている。
 冬嗣の後裔が摂関家となるが、魚名の後裔もまた後世に繁衍し、魚名の次子・鷲取を介した玄孫・山蔭は冬嗣と父母を等しくする真夏の娘を母とし、山蔭の子・中正の娘を母とした者らが有道惟広が仕えた中関白・道隆や御堂関白・道長であり、魚名の三子・末成の名は後世になって初めて与えられた疑いを得るほど史上初の関白・基経の母方祖父となる総経を派した後には長らく朝家に名を高くした者を見せずに、武士が中央に台頭し始めた12世紀になって鳥羽法皇の寵臣と『愚管抄』に記される四条家祖・家成が現れ、魚名の五子・藤成は藤原姓にも拘わらず諱に藤の字を重ねた不思議を顕し、藤成の母は天火明命の後裔とする摂津一宮・住吉大社の神職を世襲した津守氏を出自としたが、藤成の曾孫が平将門を討った秀郷で、秀郷の後裔が東北の産金を支配した奥州藤原氏となり、藤原姓にして諱に藤の字を充てた者として中関白・道隆や御堂関白・道長らの母方祖父・中正に至る魚名の次子・鷲取の子もまた藤嗣とし、その点は冬嗣の六子とする良門の子として醍醐天皇の母方祖父となる高藤も同様で、高藤の後裔が『源氏物語』を著した紫式部であった。
 鎌倉幕府によって隠岐へ追却された後鳥羽上皇は有道惟広が仕えた藤原道隆の後裔となる信隆の娘を母とし、同じく阿波へ追却された土御門上皇の母方祖父・能円は藤原高藤の後裔であり、土御門の2人の孫によって持明院統と大覚寺統という皇統の分裂を見るが、今の皇室に連なる持明院統の初めとなる後深草天皇の諡号に対して深草天皇という諡号の帝は無く、陵墓を深草陵と号するのは丈部氏道が有道姓を与えられた年に即位した仁明天皇であった。
 平城・嵯峨両帝の母方祖父となる良継の父として藤原式家の祖となる宇合の娘として、一人は藤原魚名に嫁して女系から摂関家に血脈を伝えた鷲取や光孝帝や四条家を派する末成を生しており、他に藤原南家祖の四子となる巨勢麻呂に嫁した女が在ったが、巨麻呂の後裔となる季範の娘が源頼朝を生し、季範の叔父として白河法皇に鳥羽離宮を寄贈した季綱の玄孫となる範季は鎌倉幕府四代将軍・頼経の曾祖父となる九条兼実の家司を務め、土御門の弟として鎌倉幕府に佐渡へ追却された順徳天皇の母方祖父となる者であった。